紀伊型 戦艦

"Kii" Class Battleships


紀伊型
紀伊型戦艦(ドット絵 by 天翔)
スペックデータ(設計値)
排水量:(常)42,600t ボイラー:ロ号艦本式罐・重油専焼×11基
   ロ号艦本式罐・石炭重油混焼×8基
燃料搭載量:石炭 2500t
        重油 3900t
全長:(全)252.37m
全幅:31.07m 主機:技本式オールギヤードタービン×8基、4軸推進
(「第11号艦」は川崎・ブラウン式オールギヤードタービン×4基、4軸推進)
(「第12号艦」は三菱・パーソンス式オールギヤードタービン×8基、4軸推進)
吃水:9.70m
出力:131,200hp
武装:
45口径40cm連装砲5基、50口径14cm単装砲16基、
45口径12cm単装高角砲4基、61cm魚雷発射管8基
最大速力:29.75kt
航続距離:14ktで8000浬
乗員定数:不明

同型艦名(4隻)
紀伊"Kii"尾張"Owari"
十一号艦"No.11"[Zyûitigôkan]十二号艦"No.12"[Zyûnigôkan]

紀伊型戦艦について
 八八艦隊計画の戦艦として「長門」型「加賀」型に続いて建造されることになっていたのが、この「紀伊」型である。当初の計画では「加賀」型に準じた設計となるはずであったが仮想敵国であるアメリカ海軍が建造中である「サウスダコダ」型戦艦の性能が「加賀」型よりも勝っていることが判明したために、それを上回る性能を持たせる必要が生じ、新型砲塔の検討などを行うことになった。
 しかし、新型砲塔などの設計には時間がかかるためとりあえず「紀伊」型の1番艦「紀伊」と2番艦「尾張」を巡洋戦艦「天城」型の装甲強化型として建造を開始し、3・4番艦を新型砲塔を採用した戦艦として建造する事としたのである(後に新型砲塔の設計を待てずに3・4番艦も「紀伊」型と同じ設計で建造することに変更された)。
 だが、建造に必要な資材を発注中にワシントン海軍条約が締結され4隻とも起工前に建造中止が決定した。3・4番艦の名称は「駿河」「近江」とする説(月刊「丸」昭和39年2月号高木惣吉氏の記事等)があるが、正式に命名された記録はなく予定名もしくは仮称だったと思われる。

紀伊型戦艦の歴史
「紀伊」「紀伊」=古い国名。現在の和歌山県全域と三重県南部を指す。
徳川御三家の領地として有名。
  
呉工廠で建造予定であったが、軍縮条約締結のため建造中止
 
「尾張」「尾張」=古い国名。現在の愛知県西部を指す。織田信長が居城を定め、
江戸時代には徳川御三家の領地として栄えた。
  
呉工廠で建造予定であったが、軍縮条約締結のため建造中止
 
「十一号艦」一説によると予定艦名は「駿河」。古い国名で現在の静岡県
東部を指す。かつて今川氏が治めた領地である。
  
横須賀工廠で建造予定であったが、軍縮条約締結のため建造中止
 
「十二号艦」一説によると予定艦名は「近江」。古い国名で現在の滋賀県を指す。
  
三菱長崎造船所で建造予定であったが、軍縮条約締結のため建造中止
 


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2000,03,09(First Up 1998,10,31)
艦のイラストは天翔さん作成のドット絵を2倍に拡大して使用させていただきました。