加賀型 戦艦

"Kaga" Class Battleships


加賀型

加賀型模型
(上段)加賀型戦艦(ドット絵 by 天翔)
(下段)加賀型戦艦完成予想模型(by 川崎造船所/出典:ウィキメディア・コモンズ

スペックデータ(設計値)
排水量:(常)39,900t ボイラー:ロ号艦本式罐・重油専焼×8基
   ロ号艦本式罐・石炭重油混焼×4基
燃料搭載量:石炭 1700t
        重油 3600t
全長:(全)234.09m
全幅:30.48m 主機:ブラウン・カーチス式オールギヤードタービン×4基、4軸推進
(「土佐」は三菱・パーソンス式オールギヤードタービン×4基、4軸推進)
吃水:9.37m
出力:91,000hp
武装:
45口径40cm連装砲5基、50口径14cm単装砲20基、
7.5cm単装高角砲4基、61cm魚雷発射管8門
最大速力:26.5kt
航続距離:14ktで8000浬
乗員定数:不明

同型艦名(2隻)
加賀"Kaga"土佐"Tosa"

加賀型戦艦について
 八八艦隊計画の第二段階として計画された戦艦3番艦と4番艦である「加賀」型は基本的には「長門」型戦艦の拡大改良版である。「長門」型より1基主砲塔を増やし火力をアップさせ、また機関を新たな設計の物に変えたため煙突の数が2本から1本に減り、艦のシルエットはかなり「長門」型とは異なった物となっている。また装甲も「長門」型より強化されたため排水量は増加している。
 しかし「加賀」「土佐」両艦が進水した時点でワシントン条約が締結され、新型戦艦の保有が制限されることになったため建造を中止し、「加賀」型二隻を廃棄することが決まった。
 「加賀」は条約によって空母に改装されることになっていた巡洋戦艦「天城」が関東大震災で大破したため代替として空母に改装されることになり、「土佐」は標的艦として各種射撃実験に使用され最後は豊後水道に海没処分された。
 なお、この「土佐」を利用した射撃実験の成果から新兵器の九一式徹甲弾が開発されている。

加賀型戦艦の歴史
「加賀」「加賀」=古い国名。現在の石川県南部を指す。金沢平野を
中心とした地域で、前田候百万石の領地である。
1920年 7月19日神戸川崎造船所で起工
1921年11月17日進水
1922年 7月ワシントン条約締結のため未完成のまま海軍に引き渡し
1923年空母に改装する事が決定。以下の年表は空母「加賀」の項目を参照
「土佐」「土佐」=古い国名。現在の高知県を指す。江戸時代には山内氏の
領地として栄え、幕末には多くの志士を輩出した。
1920年 2月16日三菱長崎造船所で起工
1921年12月18日進水
1922年 7月ワシントン条約締結のため未完成のまま海軍に引き渡し
 標的艦として魚雷・機雷・徹甲弾等の射撃実験に使用される
1925年 2月 9日豊後水道にて海没処分
       9月20日除籍


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2000,03,07(First Up 1998,10,31)
艦のイラストは天翔さん作成のドット絵を2倍に拡大して使用させていただきました。