天城(2代)型 巡洋戦艦

"Amagi(2) Class BattleCruisers


天城型

天城型
(上段)天城型戦艦(ドット絵 by 天翔)
(下段)天城型二面図(by sas1975kr氏/出典:ウィキメディア・コモンズ

スペックデータ(設計値)
排水量:(常)41,200t ボイラー:ロ号艦本式罐・重油専焼×11基
   ロ号艦本式罐・石炭重油混焼×8基
燃料搭載量:石炭 3900t
        重油 2500t
全長:(全)252.37m
全幅:30.78m 主機:技本式オールギヤードタービン×8基、4軸推進
(「高雄」は三菱・パーソンス式オールギヤードタービン×8基、4軸推進)
(「愛宕」は川崎・ブラウン式オールギヤードタービン×4基、4軸推進)
吃水:9.45m
出力:131,200hp
武装:
45口径40cm連装砲5基、50口径14cm単装砲16基、
45口径12cm単装高角砲4基、61cm魚雷発射管8門
最大速力:30.0kt
航続距離:14ktで8000浬
乗員定数:不明

同型艦名(4隻)
天城(2代)"Amagi(2)"赤城(2代)"Akagi(2)"
高雄(3代)"Takao(3)"愛宕(2代)"Atago(2)"

天城(2代)型巡洋戦艦について
 八八艦隊の戦艦として「長門」型「加賀」型が建造されたのに引き続き、巡洋戦艦の第1陣として建造が開始されたのがこの「天城」型である。「天城」型は戦艦「加賀」型と同等の兵装を持ちながら速度は30ノットという高速を発揮するよう設計されており、その結果装甲は「加賀」型より若干薄くなったものの、それでもなお「長門」型よりは強力な防御力を持っていた。
 まず、1番艦「天城」と2番艦「赤城」の建造が「加賀」型と同時期に開始されたが、ワシントン海軍条約の締結により廃艦が決定した。起工後まもない3・4番艦の「高雄」「愛宕」は解体処理され「天城」「赤城」の2隻は空母に改装することになったが、「天城」は関東大震災の影響で造船所内で大破したために廃棄することになり、代わりに「加賀」が空母に改装されることになったのである。

天城(2代)型巡洋戦艦の歴史
「天城(2代)」「天城」=静岡県伊豆半島の中央にそびえる火山群の総称天城山から取った。
最高峰は万三郎岳の1407m。川端康成の「伊豆の踊り子」の舞台として有名。
1920年12月16日横須賀海軍工廠にて起工
1922年12月ワシントン条約締結により建造中止
1923年空母に改装することが決定。改装工事を始める
       9月1日関東大震災により、船体が破損。工事中止
1924年廃棄される
「赤城(2代)」「赤城」=群馬県東部にそびえるコニーデ式二重火山である
赤城山から取った。標高1828m。国定忠治の物語で有名。
1920年12月 6日呉海軍工廠にて起工
1922年12月ワシントン条約締結により建造中止
1923年空母に改装する事が決定。以降の年表は空母「赤城」の項目を参照
「高雄(3代)」「高雄」=京都近郊にそびえる高雄山から取った。
標高429m。紅葉の名所としても有名。
1921年11月19日三菱長崎造船所にて起工
1924年 4月14日ワシントン条約締結により建造中止
1925年解体される
「愛宕(2代)」「愛宕」=京都府保津川北方にそびえる愛宕山から取った。
山頂の愛宕神社は鎮火の神として全国に末社を持つ。
1921年11月22日神戸川崎造船所にて起工
1924年 4月14日ワシントン条約締結により建造中止
1925年解体される


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2000,03,07(First Up 1998,10,31)
艦のイラストは天翔さん作成のドット絵を2倍に拡大して使用させていただきました。