雲龍型 航空母艦

"Un'ryuu" Class Aircraft Carriers


雲龍
航空母艦「雲龍」(1944年)
スペックデータ
排水量:(公)20,400t ボイラー:ロ号艦本式罐・重油専焼×8基 燃料搭載量:重油 3750t
全長:(水)223.0m
全幅:(船体)22.0m 主機:艦本式オールギヤードタービン×4基、4軸推進
吃水:7.76m
出力:152,000hp
(「葛城」「阿蘇」は104,000hp)
武装:
40口径12.7cm連装高角砲6基、25mm3連装機銃13基、
25mm単装機銃30基、12cm28連装対空噴進砲6基、
飛行機57機(艦戦12、艦攻18、艦爆27)+補用8機
(「生駒」は飛行機51機(艦戦18、艦攻27、艦偵4)+補用2機)
最大速力:34.0kt
(「葛城」「阿蘇」は32.0kt)
航続距離:18ktで8000浬
乗員定数:約1,500名 飛行甲板:216.9×27.0m、昇降機 2基

同型艦名(6隻)
雲龍"Un'ryuu"[Un'ryû]天城(3代)"Amagi(3)"葛城(2代)"Katuragi(2)"
笠置(2代)"Kasagi(2)"阿蘇(2代)"Aso(2)"生駒(2代)"Ikoma(2)"

雲龍型航空母艦について
 太平洋戦争の開戦決定とともに決定された戦時建造計画で計画された中型空母。本来は新型の空母として建造するはずであったが、戦時であり緊急の完成を目指したため「飛龍」の設計を流用して建造された。しかし「飛龍」の運用実績から艦橋は船体の右舷前方に配置となり、シルエットは「飛龍」の船体に「翔鶴」型の艦橋を乗せたような感じである。
 ミッドウェイ海戦後、航空母艦の増強を緊急の課題とした日本海軍は大型空母五隻(改「大鳳」型)と中型空母十五隻(「雲龍」型)を計画したが、結局着工できたのは「雲龍」型六隻だけで、そのうち終戦までに完成したのは戦時建造計画で着工した「雲龍」ら三隻のみである。
 なお「雲龍」型の機関建造が船体の建造ペースに追いつかなかったため、「笠置」は改「鈴谷」型重巡の機関を、また「葛城」「阿蘇」は「陽炎」型駆逐艦各二隻分の機関を流用している。
 「雲龍」以外の艦はすべて山の名前が艦名に付けられているが、これは1943年(昭和18年)6月に命名基準が改正され空母の艦名に山の名前が追加されたためである。

雲龍型航空母艦の歴史
「雲龍」「雲龍」=漢成語による名称。中国の古い言葉
「龍、雲を得て天に昇る」から取った
1942年 8月 1日横須賀工廠にて起工
1943年 9月25日進水
1944年 8月 6日竣工
      9月〜空母「天城」と第1航空戦隊を編成
     12月19日東シナ海にて米潜水艦「レッドフィッシュ」の雷撃を受け沈没
1945年 2月20日除籍
「天城」(3代)「天城」=静岡県伊豆半島の中央にそびえる火山群の総称天城山から取った。
最高峰は万三郎岳の1407m。川端康成の「伊豆の踊り子」の舞台として有名。
1942年10月 1日三菱長崎造船所にて起工
1943年10月15日進水
1944年 8月10日竣工
      9月〜空母「雲龍」と第1航空戦隊を編成
1945年呉港外の三ツ子島に碇泊。3月19日、7月24日、7月28日に米軍機の空襲を受け
損傷。応急処置の不備により浸水横転、着底。8月15日終戦を迎える
     10月除籍
1947年 7月31日浮揚作業完了。後に解体処分
「葛城」(2代)「葛城」=大阪府と奈良県の県境にそびえる金剛山地の
一峰である葛城山から取った。標高960m。
1942年12月 8日呉工廠にて起工
1944年 1月19日進水
     10月15日竣工
1945年 7月28日呉港外の三ツ子島に碇泊中、米軍機の空襲を受け損傷
     10月20日除籍。修理の後、復員船として使用される
1946年11月15日〜日立造船桜島造船所にて解体開始。1947年11月30日解体終了
「笠置」(2代)「笠置」=京都府にそびえる笠置山地の一山。標高290メートル
風食により奇岩・巨岩が露出、険しい山容をしている
1943年 4月14日三菱長崎造船所にて起工
1944年10月19日進水。佐世保工廠に回航して艤装工事を開始
1945年 4月 1日工事中止命令により工事中止。工事進捗率84%
1946年〜解体開始。1947年12月31日解体終了
「阿蘇」(2代)「阿蘇」=九州の中心部にそびえる活火山。最高峰の高岳は
標高1592メートル。現在も中岳が活動中
1943年 8月 8日呉工廠にて起工
1944年11月 1日進水
     11月 8日工事中止命令により工事中止。工事進捗率60%
1945年 7月特攻機用新型爆弾「桜弾」の実験標的艦として使用。損傷は軽微だったが
その後の浸水により傾斜着底
 戦後解体される。1947年2月19日解体終了
「生駒」(2代)「生駒」=大阪府と奈良県の県境にそびえる生駒山から取った。
標高642m。日本初のケーブルカーが設置されたことでも有名。
1943年 7月 5日神戸川崎造船所にて起工
1944年11月17日進水。ただし11月9日に工事中止命令発令。工事進捗率60%で工事中止
1945年 8月15日小豆島に碇泊したまま終戦を迎える
 戦後解体される。1947年3月10日解体終了


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2000,03,11(First Up 1999,05,12)