大鷹型 航空母艦

"Taiyou" Class Aircraft Carriers


大鷹
航空母艦「大鷹」(1943年)
スペックデータ
排水量:(公)20,000t ボイラー:三菱式罐・重油専焼×4基 燃料搭載量:重油 2250t
全長:(水)173.70m
全幅:(船体)22.50m 主機:三菱ツェリー式オールギヤードタービン×2基、2軸推進
吃水:8.00m
出力:25,200hp
武装:
45口径12cm単装高角砲6基(「冲鷹」は40口径12.7cm連装高角砲
2基)、25mm連装機銃4基(「雲鷹」「冲鷹」は3連装10基)、
飛行機23機(艦戦9、艦攻14)+補用4機
最大速力:21.0kt
航続距離:18ktで8500浬
乗員定数:747名
(「冲鷹」は約850名)
飛行甲板:162.0×23.5m、昇降機 2基
   (「冲鷹」は172.0×23.7m)

同型艦名(3隻)
大鷹"Taiyou"[Taiyô]雲鷹"Un'you"[Un'yô]冲鷹(2代)"Tyuuyou(2)"[Tyûyô(2)]

大鷹型航空母艦について
 1937年に日本郵船は欧州航路用客船の建造を計画した。これは1940年に開催予定の東京オリンピックを見込んでのことだったが、日本海軍はこれら大型客船を戦時には徴用し航空母艦へ改装することを条件に建造費の一部を助成した。
 計画された三隻の大型客船はそれぞれ「新田丸」「八幡丸」「春日丸」と名付けられ建造が開始されたが、時局が悪化し航空母艦の増強が必要になった日本海軍はこの三隻も含めて1940年から客船の徴用・航空母艦への改装に着手した。
 買収ではなく徴用だったため、航空母艦としての運用が終了したときには元の客船に復旧され、日本郵船所属船に復帰する計画だった。「春日丸」は1941年に航空母艦として完成。既に客船として完成・就役していた「新田丸」「八幡丸」も太平洋戦争開戦前に相次いで徴用され航空母艦へ改装されたが、結局全艦とも戦没してしまい、元の客船に復帰することはかなわなかった。

大鷹型航空母艦の歴史
「大鷹」「大鷹」=漢成語による名称。大きな鷹を意味する
1940年 1月 6日三菱長崎造船所にて起工
       9月19日進水
      11月日本海軍に徴用され航空母艦への改装に着手
1941年 5月 1日佐世保工廠に回航され、艤装を行う
       9月 5日竣工。特設空母「春日丸」として日本海軍籍に編入
      12月〜空母「龍驤」とともに第4航空戦隊を編成し太平洋戦争に参加
1942年 8月31日正式空母に類別。「大鷹」と改名
1943年 9月米潜水艦の雷撃を受け小破。曳航され本土へ帰還
損傷修理とともに飛行甲板の延長工事を実施
1944年 8月18日船団護衛任務に従事中ルソン島沖で米潜水艦「ラッシャー」の雷撃を受け沈没
      10月 1日除籍
「雲鷹」「雲鷹」=漢成語による名称。雲を切って飛ぶ鷹を意味する
1938年12月14日三菱長崎造船所にて起工
1939年10月31日進水
1940年 7月31日日本郵船所属客船「八幡丸」として竣工。北米航路に就役
1941年11月21日日本海軍に徴用される。翌年1月から呉工廠にて航空母艦への改装に着手
1942年 5月31日改装終了。特設空母「八幡丸」として日本海軍籍に編入
       8月〜航空機輸送任務に従事
       8月31日正式空母に類別。「雲鷹」と改名
1944年 1月トラック島沖で米潜水艦の雷撃を受け損傷するも自力で本土へ帰還
損傷修理の際対空兵装の増強を行う
       9月16日南シナ海にて米潜水艦「バーブ」の雷撃を受け沈没
      11月10日除籍
「冲鷹」(2代)「冲鷹」=漢成語による名称。「冲」は高く昇って到達するの意があり、
鷹が大空高く昇っていく様を意味する艦名である
1938年 5月 9日三菱長崎造船所にて起工
1939年 5月20日進水
1940年 3月23日日本郵船所属客船「新田丸」として竣工。北米航路に就役
1941年 9月12日日本海軍に徴用される。翌年5月から呉工廠にて航空母艦への改装に着手
1942年 8月20日特設空母から正式空母へ類別替。「冲鷹」と改名
      11月25日改装終了
      12月〜航空機輸送・船団護衛任務に従事
1943年12月 4日八丈島東方にて米潜水艦「セイルフィッシュ」の雷撃を受け沈没
1944年 2月 5日除籍


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2000,03,11(First Up 1999,05,10)