航空母艦 信濃

Aircraft Carrier "Sinano"


信濃
航空母艦「信濃」(1944年)
スペックデータ
排水量:(公)68,060t ボイラー:ロ号艦本式罐・重油専焼×12基 燃料搭載量:重油 9000t
全長:(水)256.0m
全幅:(船体)36.3m 主機:艦本式オールギヤードタービン×8基、4軸推進
吃水:10.31m
出力:150,000hp
武装:
40口径12.7cm連装高角砲8基、25mm3連装機銃35基、
12cm28連装噴進砲12基
飛行機42機(艦戦18、艦攻18、艦偵6)+補用5機
最大速力:27.0kt
航続距離:18ktで10000浬
乗員定数:2,400名 飛行甲板:256.0×40.0m、昇降機 2基

同型艦名(1隻)
信濃"Sinano"

航空母艦 信濃について
 1939年度に決定した第四次軍備充実計画で建造された戦艦「大和」型三番艦であったが、開戦のため一時建造中止となっていた。しかしミッドウェイ海戦で主力空母四隻を失った日本海軍はこの「信濃」を航空母艦へ改装することに決定、戦艦としてではなく航空母艦として完成を見ることになった。
 元々は戦艦であったため防御力は高く、他空母機への洋上前進補給母艦としての運用および他艦への攻撃を吸収する役目を負っていたが、結局その機会はおとずれることは無く竣工から10日後に米潜水艦の攻撃を受け沈没、最も短命な空母となってしまった。
 なお、その巨体の割に搭載機数が少ないのは、他空母機への補給母艦という役割から直衛の戦闘機と予備の攻撃機のみが搭載され、当艦所属の攻撃機などは搭載しなかったからである。

航空母艦 信濃の歴史
「信濃」「信濃」=古い国名。現在の長野県を指す。古くは源氏の支配地であり、
戦国時代には武田信玄・上杉謙信が争奪戦を繰り広げた。
 起工年月日については「大和」型戦艦のページを参照
1942年 6月〜横須賀工廠にて航空母艦への改装工事に着手
1944年10月 8日進水
     11月19日竣工
     11月28日呉工廠へ回航し残工事を行うため横須賀を出港
     11月29日浜名湖西方176キロにて米潜「アーチャーフィッシュ」の雷撃を受け損傷。
同日潮ノ岬沖48キロの地点で沈没
1945年 8月31日除籍


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2000,03,11(First Up 1999,05,12)