航空母艦 龍鳳

Aircraft Carrier "Ryuuhou"


龍鳳
航空母艦「龍鳳」(1942年)
スペックデータ
排水量:(公)15,300t ボイラー:ロ号艦本式罐・重油専焼×4基 燃料搭載量:重油 2400t
全長:(水)210.0m
全幅:(船体)19.58m 主機:艦本式オールギヤードタービン×2基、2軸推進
吃水:6.67m
出力:52,000hp
武装:
40口径12.7cm連装高角砲4基、25mm3連装機銃10基、
飛行機24機(艦戦18、艦攻6)+補用7機
最大速力:26.5kt
航続距離:18ktで8000浬
乗員定数:785名 飛行甲板:185.0×23.0m、昇降機 2基

同型艦名(1隻)

龍鳳"Ryuuhou"[Ryûhô]

航空母艦 龍鳳について
 元は1933年(昭和8年)度の補充計画で建造を決定された潜水母艦「大鯨」であったが、戦時には航空母艦へ短期間で改装できるようになっていたため、太平洋戦争開戦直後に航空母艦への改装に着手された。同様の経緯で高速給油艦として計画され、途中で潜水母艦へ変更して竣工、後に航空母艦へ改修された「祥鳳」型の略同型として扱われることが多い。
 しかし、短期間で改装工事は終了するはずであったが、不調だったディーゼル機関を「陽炎」型駆逐艦と同じ物に換装したり、建造途中にドゥーリットルの本土初空襲の際に損傷したりで、結局改装工事終了までに一年という日数がかかってしまっている。
 改装工事が終了したときには、既にミッドウェー海戦で正規空母四隻を失っていた日本海軍の空母を数の上では補う形となったが、いかんせん低速・小型のため主力として使用するには能力不足であった。

航空母艦 龍鳳の歴史
「龍鳳」「龍鳳」=漢成語による名称。架空上の動物である龍と鳳凰を掛け合わせた名称
1933年 4月12日横須賀工廠にて潜水母艦「大鯨」として起工
     11月16日進水
1934年 3月31日竣工(ただし引き渡しはしたものの艤装工事は継続)
1941年12月10日横須賀工廠にて航空母艦への改装工事に着手
1942年 4月18日米軍による本土初空襲の際に被弾する
     11月28日改装工事終了。航空母艦に類別。「龍鳳」と改名
1944年 6月タウイタウイ進出。マリナナ沖海戦に参加。敵機の攻撃を受け小破
     10月レイテ沖海戦に参加後、第2航空戦隊解隊のため本土へ帰還
1945年〜内海にて訓練任務に従事
      3月19日呉が空襲を受けた際に被弾。大破
      6月〜陸岸に係留、対空砲台として使用され、そのまま終戦を迎える
     11月30日除籍。後に解体処分


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2000,03,11(First Up 1999,05,10)