航空母艦 海鷹

Aircraft Carrier "Kaiyou"


海鷹
航空母艦「海鷹」(1943年)
スペックデータ
排水量:(公)16,700t ボイラー:ロ号艦本式罐・重油専焼×2基 燃料搭載量:重油 2500t
全長:(水)159.99m
全幅:(船体)21.90m 主機:艦本式オールギヤードタービン×2基、2軸推進
吃水:8.25m
出力:52,000hp
武装:
40口径12.7cm連装高角砲4基、25mm3連装機銃8基、
飛行機24機(艦戦18機、艦攻6機)
最大速力:23.0kt
航続距離:18ktで7000浬
乗員定数:587名 飛行甲板:160.0×23.0m、昇降機 2基

同型艦名(1隻)
海鷹"Kaiyou"[Kaiyô]

航空母艦 海鷹について
 大阪商船所属の豪華客船「あるぜんちな丸」は1942年に日本海軍に徴用され特設運送艦として輸送任務に従事していたが、ミッドウェイ海戦後の空母増強計画により航空母艦へ改装されることになった。
 改装工事内容は「大鷹」型に準ずる物であったが、客船時のディーゼル機関では出力不足と判断され、「陽炎」型駆逐艦と 同じ機関に換装されている。日本海軍が徴用した客船改造の空母の中では最も小型であったため、第一線級空母としては使用できず、主に航空機の輸送任務に従事した。
 終戦直前には雷撃機や回天・神雷などの特攻兵器の訓練用標的艦や、航空機離発着訓練艦としても使用されている。

航空母艦 海鷹の歴史
「海鷹」「海鷹」=文字どおり海の鷹を指す
1938年 2月 2日三菱長崎造船所にて大阪商船所属「あるぜんちな丸」として起工
     12月 9日進水
1940年 5月31日竣工
1942年 5月 1日日本海軍に徴用。特設運送艦として輸送任務に従事
     12月10日〜三菱長崎造船所にて航空母艦への改装工事に着手
1943年11月23日改装工事終了。同日付けで航空母艦に類別。「海鷹」と改名
1944年 3月17日〜第1海上護衛隊に編入。船団護衛任務に従事
1945年 1月シンガポールから本土へ物資を満載して帰還
      3月19日呉空襲の際に被爆、損傷を受ける
      4月20日〜連合艦隊付となり各種訓練任務に従事
      7月24日別府湾にて連合軍機の攻撃を受け大破、日出(ひじ)海岸に擱座する
     11月20日除籍。後に解体処分


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2000,03,11(First Up 1999,05,11)