航空母艦 伊吹(2代)

Aircraft Carrier "Ibuki(2)"


伊吹

伊吹(予想図)
(上段)航空母艦「伊吹」(ドット絵 by F4U氏)
(下段)航空母艦「伊吹」(想像図:Illustration by "SnowCloudInSummer" 2009 / Creative Commons Attribution 3.0)

スペックデータ(設計値)
排水量:(公)14,800t ボイラー:ロ号艦本式罐・重油専焼×4基 燃料搭載量:重油 3060t
全長:(水)198.35m
全幅:(船体)21.20m 主機:艦本式オールギヤードタービン×2基、2軸推進
吃水:6.31m
出力:72,000hp
武装:
65口径7.6cm連装高角砲2基、25mm3連装機銃17基、
12cm30連装対空噴進砲4基
飛行機27機(艦戦15、艦攻12)
最大速力:29.0kt
航続距離:18ktで6300浬
乗員定数:1,015名 飛行甲板:205.0×23.0m、昇降機 2基

同型艦名(1隻)
伊吹(2代)"Ibuki(2)"

航空母艦伊吹(2代)について
 元は太平洋戦争開戦直前に計画された戦時急造計画にて建造が計画された改「鈴谷」型重巡洋艦であったが、戦局の悪化により進水はさせたものの建造は中断され繋留放置されていた。
 艦隊用給油艦などへの改造案もあったが非能率的だとされ、また当時米国が巡洋艦の船体を流用した軽空母を次々と就役させていたことにも刺激されて昭和18年末に当艦を軽空母として完成させることに決定、呉から佐世保へ回航し工事を再開することになった。
 当初は対空兵装を機銃のみとしていたが、途中で高角砲の搭載要望が出されたため7.6センチ高角砲や対空ロケットなどを装備するよう変更されている。
 軽空母ながら島型艦橋を採用し日本海軍既成の軽空母とは異なったシルエットを持つ当艦だったが戦局の悪化による建造順位変更などで工事は進まず、昭和20年3月に竣工度80%の時点で建造が中止されて、そのまま終戦を迎えることとなってしまった。

航空母艦伊吹(2代)の歴史
「伊吹」(2代)「伊吹」=琵琶湖国定公園内にある伊吹山地の主峰伊吹山から取った。
標高1377m。関西地方でもっとも古いスキー場がある
1942年 4月24日呉工廠にて起工
1943年 5月工事中止が決定
      5月21日進水。呉工廠沖に繋留放置される
1943年末航空母艦として完成させることが決定し、佐世保工廠へ回航される
1945年 3月16日戦局の悪化により工事中止
      8月15日竣工度80%で終戦を迎える
1947年解体処分される


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,07,12(First Up 2000,03,09)
艦のイラストはF4Uさん作成のドット絵を拡大して使用させていただきました。