太平洋戦争主要海戦(昭和16年12月8日)

このページの記述について
*海戦の年月日は日本時間で記述しています。
*海戦名は帝国海軍大本営公式および連合軍(主に米海軍)公式の呼称を記載していますが、
  双方に正式な呼称が無い場合もあります。
*参加艦艇および戦没艦艇は主要なもののみを記載しております。

昭和16(1941)年12月 8日
ハワイ海戦真珠湾攻撃
【海戦場所】アメリカ合衆国ハワイ州オアフ島
【指揮官(日本側)】帝国海軍第一航空艦隊司令長官(機動部隊司令):南雲忠一中将
【指揮官(米国側)】米国海軍太平洋艦隊司令長官:ハズバンド・E・キンメル大将
【参加艦艇(日本側)】
機動部隊:
 第一航空戦隊空母『赤城』『加賀』、駆逐艦『潮』『漣』
 第二航空戦隊空母『飛龍』『蒼龍』
 第五航空戦隊空母『翔鶴』『瑞鶴』、駆逐艦『秋雲』
 第三戦隊第一小隊戦艦『比叡』『霧島』
 第八戦隊重巡『利根』『筑摩』
 第一水雷戦隊軽巡『阿武隈』、駆逐艦『浦風』『磯風』『谷風』『浜風』『陽炎』『白波』『霰』『霞』『曙』
 第二潜水隊潜水艦『イ−19』『イ−21』『イ−23』
 その他支援船:補給艦8
哨戒隊:
 第六潜水隊潜水艦『イ−9』『イ−7』『イ−8』他17
特別攻撃隊:
 潜水艦『イ−22』『イ−16』『イ−18』『イ−20』『イ−24』
 (特殊潜航艇各1隻搭載)
偵察潜水隊:
 潜水艦『イ−10』『イ−26』
【参加艦艇(米国側)】
太平洋艦隊:
 第一戦艦戦隊戦艦『ネヴァダ』『アリゾナ』『ペンシルヴァニア』
 第二戦艦戦隊戦艦『オクラホマ』『テネシー』『カリフォルニア』
 第四戦艦戦隊戦艦『メリーランド』『ウェストバージニア』
 第六巡洋艦戦隊重巡『ニュー・オーリンズ』『サンフランシスコ』
 第九巡洋艦戦隊軽巡『フェニックス』『ホノルル』『セントルイス』『ヘレナ』
 第一駆逐戦隊軽巡『ローリー』、駆逐艦18
 第二駆逐戦隊軽巡『デトロイト』、駆逐艦8
 その他駆逐艦4、潜水艦4、敷設艦9、掃海艇14、砲艦1、水雷母艦2、水上機母艦4、補給艦10、工作艦3、潜水母艦2、病院船1 他
 陸上基地航空機多数

第二機動部隊:
 航空母艦『レキシントン』『エンタープライズ』
第三機動部隊:
 重巡『シカゴ』『ポートランド』『インディアナポリス』『ソルト・レイク・シティ』『ノーザンプトン』『チェスター』『アストリア』『ミネアポリス』、潜水艦『ガジョン』『スレッシャー』、掃海艇1
【損害艦(日本側)】
未帰還:
 特殊潜航艇5、艦載機29
【損害艦(米国側)】
沈没:
 戦艦『オクラホマ』『アリゾナ』、標的艦『ユタ』
大破着底:
 戦艦『ネヴァダ』『カリフォルニア』『ウェストバージニア』
 軽巡『ローリー』
大破炎上:
 駆逐艦『カッシン』『ショー』『ダウンズ』
中破:
 戦艦『テネシー』
小破:
 戦艦『ペンシルヴァニア』『メリーランド』、軽巡『ヘレナ』
航空機の損害:77(地上破壊含む)


戻る