SU−76自走砲

76mm Self-Peopelled Gun SU-76

ソビエト赤軍 1942年

SU-76M
雪中行軍を行うSU−76M自走砲

 大戦緒戦においてドイツ軍の III号突撃砲に苦しめられたソビ エト赤軍は同種の車両開発を1942年に開始した。このような砲塔のない車体に砲を搭載する ことはコスト減・大口径砲搭載などのメリットがあったためである。
 当初T−60軽戦車の車体に固 定戦闘室を搭載、76.2mm野砲を装備した試作車OSU−76が制作されたが、T−60系では車 体が小さすぎたため射撃時の安定性や砲の操作性に問題があるとして T−70軽戦車の車体を採用する ことにし、同年秋に試作車を完成させた。戦時中ということもあって試作車完成とともに量産に 着手、翌年早々には戦線へ投入され、43年夏のクルスク戦頃には歩兵部隊の攻撃支援任務に大 量投入されている。
 ソビエト初の自走砲として成功作であったものの、ソビエト装甲車両としては珍しくオープン トップ式の戦闘室を持っていたため冬季の行動には大変な苦労を生じ、また操縦室横に隔壁も置 かずエンジンを配置したので夏季には操縦士を灼熱地獄で苦しめるなど居住性は最悪であった。 したがって、その有効性にもかかわらず搭乗兵達は当自走砲を「スーカ(畜生)」と呼び忌み嫌 っていた。
 なお同じSU−76の名を持つSU−76iは、ソビエト製の車体ではなく鹵獲したIII号突撃 砲にソビエト製の76.2mm戦車砲(T−34/76に搭載された物と同じ)を装備したソビエト版 突撃砲なので当自走砲と混同しないよう注意が必要である。

スペックデータ(SU−76M)
全長 4.97m全高 2.10m
全幅 2.72m重量10.2トン
最高速度45km/h行動距離320km
発動機GAZ-203 水冷直列6気筒ガソリンエンジン 85馬力×2基
乗員数4名総生産数12,671両
武装Zis-3 76.2mm野砲×1
最大装甲厚(上面)なし〜(前面)36mm
派生改良型 SU-76:T-70 1942年型をベースにした初期型。生産数は少ない
SU-76M:T-70 1943年型をベースにした主要生産型