JSU(ISU)−152自走砲

152mm Self-Peopelled Howitzer JSU-152

ソビエト赤軍 1943年

JSU-152
戦車随伴歩兵を車体後部に乗せて進撃するJSU−152自走砲

 1943年前半に戦線へ投入された重自走砲SU−152は、その強力な砲と機動力により優れた活躍を 示し前線将兵に歓迎された。しかし KV−1重戦車の車台生産が同年秋に終了し てしまったことや JS(スターリン)戦車の生産開始を受け、 152mm砲搭載の重自走砲もJS戦車をベースにした物へ移行することになった。
 SU−152を開発したキーロフスキー工場設計局に対して新型車両の開発要求が出されたが、コンセプ ト自体はSU−152と変わらず、車台のみがJS戦車になっただけなので短期間で開発作業は終了し、4 3年末にはJSU−152と名付けられた重自走砲は戦線へ投入できる状態になっていた。
 サスペンションの違いから車高の低くなった車台に加え、装甲を強化された戦闘室を持つ(戦闘室の背は 高くなったのでトータルの車高はSU−152と同じだった)当自走砲は威圧的なシルエットを持っており、 戦場では近接支援や拠点突破などの任務の他、対戦車戦闘をもこなすオールマイティぶりを発揮している。

スペックデータ(JSU−152)
全長 9.16m全高 2.45m
全幅 3.07m重量46.0トン
最高速度37km/h行動距離220km
発動機V-2-JS 水冷V型12気筒ディーゼルエンジン 520馬力×1基
乗員数5名総生産数4,075両(JSU-122との合計)
武装ML-20S 152mm榴弾砲×1、DShk 12.7mm機銃×1
最大装甲厚(上面)60mm〜(前面)90mm
派生改良型 JSU-152:戦中生産型。JS-1またはJS-2の車台をベースにした重自走砲
JSU-152K:戦後生産型。JS-2mの車台をベースにしたモデル