BA(БА)−20装輪装甲車

Armored Car BA-20

ソビエト赤軍 1936年

ba-20.jpg
BA−20M装輪装甲車

 ソビエト国内でライセンス生産されていたフォードA型小型乗用車に装甲と武装を施した装輪装甲車 FAI(フォードA・イジョルスキの略:イジョルスキは製造工場の名前)を1932年に開発、偵察 用として採用したソビエト赤軍だったが、ホイールベース(前後輪の間隔)が短かく走破性が低かった ので改良型が開発されることになった。
 ホイールベースが若干長くなったGAZ−M1乗用車(フォードA型のライセンス生産車GAZ−A を国内で改良したもの)の車体にFAIの装甲を搭載したFAI−M装甲車が試作されたが、車体長が 延び装甲部が寸足らずとなったため装甲の延長を行い、完成した車両がBA−20として採用された。
 1930年代後半から配備の始まったBA−20はソビエト赤軍の代表的軽装甲車として重宝され、 大戦初期のポーランド戦、フィンランド戦(冬戦争)から大祖国戦争まで各地の戦線で活躍した。なお フィンランド戦ではフィンランド軍に鹵獲された当装甲車が数少ないフィンランド軍機甲兵力の一端を 担って活躍している。

スペックデータ(BA−20)
全長 4.11m全高 2.13m
全幅 1.78m重量 2.56トン
最高速度90km/h行動距離350km
発動機GAZ-M1 水冷直列4気筒ガソリンエンジン 50馬力×1基
乗員数3名総生産数不明
武装7.62mm機銃×1
最大装甲厚(最大厚部)6mm
派生改良型 BA-20:GAZ-M1乗用車ベースの初期型。円筒形砲塔を持つ
BA-20M:砲塔を避弾径始の高い円錐形砲塔に変更したモデル
BA-20ZhD:鉄道用車輪を装備できる鉄道偵察型
BA-21:GAZ-21 6輪トラックをベースにした軽装甲車。計画のみ