重戦車 トータス(A39)

Heavy Tank "Tortoise" (A39)

英国陸軍 1945年

トータス
トータス重戦車の試作車

 ドイツ軍が繰り出してくる新型重戦車や駆逐戦車に対抗できる戦車として開発された車両。 既知のあらゆる対戦車砲に対抗できる装甲と、いかなる重装甲でも撃破できる砲を搭載すること が開発コンセプトであった。
 大型の砲を搭載するため回転式砲塔ではなく固定戦闘室方式を採用しており、砲の射界も限定 されているため戦車というよりは突撃砲に近い。一体鋳造の戦闘室正面装甲は厚さ225mmと類を 見ないもので、主砲も英軍の車載砲としては最大最強の高初速・長砲身32ポンド砲(口径94mm) が搭載された。足周りは非常に幅広の履帯を装備しており、左右16個ずつのボギー式転輪がそ れを支えた。しかし80トン近い重量にもかかわらず、搭載エンジンは巡航戦車と同じミーティ アだったため最大速度は約20km/hと遅く、またこの戦車は大きすぎたため鉄道輸送もできず移動 は非常に困難であった。
 設計は1942年から開始され試作車の製造は44年に着手したが、試作第1号が完成したの は終戦後の45年8月だったため、最終的に試作車6両の製造で終わっており完成した車両は本 国での訓練任務に使用された。

スペックデータ(重戦車トータス)
全長10.06m全高 3.05m
全幅 3.91m重量79.3トン
最高速度19.3km/h行動距離不明
発動機ミーティア水冷V型12気筒ガソリンエンジン 600馬力×1基
乗員数7名総生産数6両
武装32ポンド(94mm)戦車砲×1、ベサ7.92mm機銃×3
最大装甲厚(上面)35mm〜(前面)225mm
派生改良型 A39:陸軍での開発名称
Tortoise:正式名称。試作車のみで量産されなかった