ガイ装甲車

Guy Armored Car

英国陸軍 1939年

ガイ装甲車
ガイMk.I 装甲車

 英国陸軍は偵察や制圧任務に装輪装甲車を使用しており、戦前に製作されたビッカース社M2 5装甲車などは各国へも輸出されるベストセラー商品であった。このガイ装甲車は英国初の全溶 接構造装甲車である。
 1938年に英国陸軍は新型装甲車の競争試作を実施、性能比較試験の結果ガイ自動車が製作 したガイ・クァッド・アント・ガン・トラクター(Guy Quad Ant Gun Tractor)をベースにした 車両が採用された。採用当時は装輪式軽戦車と呼ばれた当車は、12.7mm口径の重機と7.7mm口径 の軽機各1丁を回転式砲塔に装備しており、火力はMk.VI軽戦車と同等であった。武 装は後期型になってベサ15mm機銃と7.9mm機銃に強化されている。
 大戦初期にはフランス戦線などで少数が使用されたが、ダンケルク撤退後は英国本土内にのみ 配備され、主に訓練および警備(王族や要人の警護)任務などに使用されている。

スペックデータ(ガイMk.I)
全長 4.11m全高 2.28m
全幅 2.05m重量 5.3トン
最高速度65km/h行動距離340km
発動機メドゥース空冷4気筒ガソリンエンジン 53馬力×1基
乗員数3名総生産数101両
武装ビッカース12.7mm機銃×1、7.7mm機銃×1
最大装甲厚(最大厚部)15mm
派生改良型 Guy Mk.I:初期生産型50台。ビッカース製.50口径と.30口径機銃を装備
Guy Mk.I A:後期生産型51台。ベサ製15mm口径と7.9mm口径機銃を装備