25ポンド自走砲 ビショップ

25pdr Self-Peopelled Howitzer "Bishop"

英国陸軍 1941年

ビショップ
工場からロールアウトしたばかりのビショップ自走砲

 第二次大戦緒戦の北アフリカ戦線においてドイツ軍の自走砲に苦しめられた英国陸軍は急遽自走砲の 導入を決定、1941年6月に試作車両が発注され8月には試作車第1号が完成した。
 英国陸軍の代表的野砲である25ポンド砲(口径88mm)を箱形戦闘室に搭載した車両で、車体自体は バレンタイン歩兵戦車のものが流用され ている。一見回転砲塔のような戦闘室(旋回しない固定式である)はソビエトの KV−2重戦車のように異様に大きかった が砲を操作するスペースは不十分だった(射撃時には戦闘室後部の扉を開く事で作業スペースを確保した)。 また戦闘室上面も装甲で覆ったため砲の仰角が15度に制限されてしまい、最大射程距離は約6,000 メートルと牽引式野砲の半分にまで減少してしまっている。また左右の射角も小さかったため榴弾砲とし ては射程距離不足、対戦車砲としては射界が狭いというどちらつかずの欠点を背負い込んでしまった。
 当初300台の生産が発注され1941年11月から量産を開始、完成した車両は次々と北アフリカ戦 線へ投入されたが、翌42年半ばになって米国から M7プリースト自走砲が貸 与されるようになると性能で劣る当車の生産は100両でうち切られ、北アフリカ戦線に続いて戦われた シシリー島上陸作戦にて少数が使用された後は全車が第一線から退いている。

スペックデータ(ビショップ自走砲)
全長 5.53m全高 2.76m
全幅 2.62m重量17.5トン
最高速度24km/h行動距離145km
発動機AEC水冷直列6気筒ガソリンエンジン 135馬力×1基
乗員数4名総生産数100両
武装25ポンド(88mm)榴弾砲×1、ビッカース7.7mm機銃×1
最大装甲厚(上面)8mm〜(前面)60mm
派生改良型 Bishop:25ポンド砲搭載の自走砲。実戦で使用されたのは約1年間程だった