トカレフ自動拳銃(ツーラ・トカレヴァ30/33)

TOKAREV Automatic Pistol (TURA-TOKAREVA 30/33)

ソビエト赤軍 1930年

TT33
トカレフTT33拳銃

 20世紀に入って各国はオートマチック式軍用拳銃の研究開発を開始していた。しかしソビエト軍では 拳銃自体にあまり重きを置いておらず、新型拳銃の研究開発を始めたのは1920年代に入ってからのこ とであった(この辺は長くリボルバー式拳銃にこだわった英軍と似ているが、英軍と異なりソビエト軍は 短機関銃の研究の方に力を入れていた)。
 F.V.トカレフが開発しツーラ造兵廠で生産されたためツーラ・トカレヴァと呼称されるこの拳銃は 1930年に制式採用された。ブローニング自動拳銃やコルトM1911に似たショートリコイル式ブロ ーバックであったが、機構的には簡易化が進められておりセイフティ(安全装置)まで省略されるという 一見危険きわまりない構造であったが、非常に簡素な構造であったため故障も少なく、堅牢で手入れが悪 くても厳しい気候の中でも動作確実な拳銃であった。
 1933年には機構部分をパッケージ化した改良型モデルが完成し、制式拳銃はこちらに移行した(し たがって旧型をTT30、改良型をTT33と呼称する)。しかし、ソビエト軍では短機関銃の配備に力 を注いでいたため、当拳銃は戦車兵などの車両搭乗員や後方部隊、高級将校のみに配備されただけに終わ っている。
 なお当拳銃の弾薬はドイツのモーゼル(マウザー)大型拳銃に使用される7.63mmマウザーと同寸法 のものが採用されている。これはマウザー実包が大量に余っていたのでこの実包が使用できるように寸法 を統一したためであるが、この実包は以降ソビエト標準の拳銃実包として使用されるようになった。
 当拳銃は戦後も生産が続けられ、中国では現在もライセンス生産が行われている。日本に密輸され世間 を騒がしたトカレフ拳銃はこの中国製の物が大半である。

スペックデータ(トカレフTT33)
全長 19.5cm銃身長 11.6cm
装弾数 8発(箱形弾倉)重量 854g
使用弾 7.62mmトカレフ実包  弾頭重量約5.6g
 (7.63mmマウザー実包も、そのまま使用可能)
作動方式 ショートリコイルブローバック式
初速 420m/sec最大射程 不明
派生型等 TT30:初期生産型。製造数は少ない
TT33:改良型。主要生産型。戦後も生産が続けられ旧東側諸国にばらまかれた
Pistole 615(r):ドイツ軍に鹵獲後の名称