シモノフSKSカービン

Simonov Semi-Automatic Carbine (SKS)

ソビエト赤軍 1945年

SKS
シモノフSKSカービン

 第二次大戦の戦訓から歩兵用小火器の近代化に乗り出したソビエト赤軍は、大戦中からセルゲイ・G・シモノフ技師 が開発を進めていたセミ・オートマチック(半自動)銃を歩兵標準装備とするよう考えていた。この小銃はSamozaridnya Karabina Simonova Obrazets(シモノフ半自動短小銃:略してSKS)と呼ばれることになった。
 この小銃はオーソドックスなガス圧動作方式のものであるが、大戦中にドイツ軍が使用した突撃銃の弾薬からヒント を得て開発された短小弾薬(7.62mm×39と呼ばれるもので、以降ソビエト軍用銃の標準弾薬となる)を使用する ことで携行弾数の増加や銃機関部の縮小が行われている。銃弾は旧来のボルトアクション式小銃同様機関部上部からク リップで押し込む形が取られており、機関部に固定された弾倉へ10発が装弾できる。また銃剣は折り畳み式のものが 標準装備されているが、これまでの騎兵銃のようなスパイク型では無くナイフ型のものとなっている。
 大戦終結直後にソビエト軍制式となった当小銃だったが、1947年に更に強力な AK47突撃銃が採用されたため軍内に 大量配備されることは無かった。しかし旧東側諸国やソビエト寄りのアジア・アフリカ諸国に対して大量に供与され、 中国をはじめ各国でライセンス生産も行われている。旧来からのストック一体型をしたシルエットは現代軍用銃のよう な機能一点張りの物ではないため、現在も儀礼銃としてロシア国内でも少数が使用されているようだ。

スペックデータ(SKSカービン)
全長 113.0cm銃身長 52.4cm
装弾数 10発重量 3,910g
使用弾 7.62mm×39(7.62mmラシアン・ショート) 弾頭重量約8g
作動方式  ガス圧動作ピストンオペレーテッド
初速 700m/sec最大射程 不明
派生型等 SKS Carbine:1945年制式化。ソビエト国内では大量配備されなかったが、各国へ多数供与された
56式騎槍:中国でライセンス生産されたSKSカービンの人民軍名称
M59 Carbine:ユーゴスラビアで生産されたSKSカービンの名称。改良型M69もある
Karabiner-S:旧東ドイツで生産されたSKSカービンの名称。ストック貫通式のスリング装着穴が特徴