RPK74軽機関銃

RPK74 Light Machine Gun

ソビエト赤軍 1970年代

RPK74
RPK74軽機関銃(45発箱形弾倉)

 分隊支援火器としてAKM突撃銃の機構を利用した RPKを使用していたソビエト軍であったが、AKM の後継銃であるAK74が採用されたことにより、 分隊支援火器もAK74の使用弾薬にあわせたものに変更する必要が生じてきた。そこで開発されたのが当RPK74である。
 RPK同様にAKをベースに肉厚長銃身と2脚を装備しており、大型箱形弾倉やドラム弾倉もRPK同様のバリエーションとな っている(箱形弾倉はもちろんAK74同様のプラスチック製だが45発入りである)。初期生産型では木製のハンドガードと銃 床だったが後にプラスチック製に変更されている。
 AK74の配備に併せて各分隊への更新が進められており、ごく一部の部隊を除いて大半がRPKから当軽機への更新を完了し ている。

スペックデータ(RPK74)
全長 106.0cm銃身長 59.0cm
装弾数 45発(箱形弾倉)
 75発(ドラム弾倉)
重量 5,000g
使用弾 5.45mm×39(5.45mmラシアン) 弾頭重量約3.4g
作動方式  ガス圧動作ピストンオペレーテッド
初速 880m/sec最大射程 不明
派生型等 RPK74:5.45mm×39弾を使用したソビエト(ロシア)軍の分隊支援火器
RPK74S:銃床を折り畳み式とした空挺部隊向けモデル
RPK74N:赤外線暗視装置を搭載した特殊部隊向けモデル