PPs42/43短機関銃

PPs42 / PPs43 Sub Machine Gun

ソビエト赤軍 1942年

PPs42
PPs42短機関銃

 短機関銃の生産・配備に力を注いでいたソビエトであったが、どうしても配備できない最前線があった。 ドイツ軍に包囲されていたレニングラードがその戦場である。ドイツ軍に包囲されているため外部からの補 給も無く、火器の不足に悩まされていたレニングラード守備部隊は戦闘の中において自分たちで火器を製 造することでこの窮地をしのいだのである。
 レニングラード兵器工場に勤めるスダロフ技師は大型加工機械の無い戦地の工場でも製造可能な簡略化 された短機関銃PPs(Pistolet-Pulemet Shdareva:スダロフ短機関銃)を設計した。他のソビエト製短 機関銃と異なり全体が金属製(グリップ(銃把)のみ木製またはプラスチック製)で構成されており、全 自動射撃専用となっていたが、非常に頑丈で生産効率の良いこの短機関銃はレニングラードに立て籠もる 守備部隊に大歓迎された。ただしソビエト製短機関銃の最大の特徴である円形ドラム弾倉は使用されず、 簡易な箱形弾倉となっている(構造が複雑なドラム弾倉はレニングラードでの製造に難があったためと思 われる)。
 レニングラード解放後の1943年には戦訓を取り込み細部を改良したPPs43(これにより従前の ものはPPs42と呼称されるようになった)が完成したが、すでにソビエト軍内には PPsh41が大量配備されており、当 PPsも制式化されたもののPPsh41に取って代わる程大量生産は行われなかった(それでも一説に よると100万丁以上が生産されたと言われている)。

スペックデータ(PPs43短機関銃)
全長 90.7cm(銃床折畳時64.1cm)銃身長 27.3cm
装弾数 35発(箱形弾倉)重量 3,330g(弾倉除く)
使用弾 7.62mmトカレフ実包  弾頭重量約5.6g
作動方式 ストレートブローバック式(オープンボルト式)
初速 490m/sec最大射程 不明
派生型等 PPs42:戦場の中で製造された短機関銃。生産数は多くない
PPs43:PPs42の改良型。制式兵器となったがPPsh41ほど大量には配備されていない
MP 709(r):ドイツ軍に鹵獲後の名称。東部戦線で使用された
m/1944:フィンランドでコピーされたPPs43。9mmPara弾薬を使用するように変更されている