ナガン軍用拳銃(ナガン1895)

NAGANT Military Pistol (NAGANT 1895)

帝政ロシア(ソビエト)陸軍 1895年

NAGANT 1895
ナガン1895軍用拳銃

 帝政ロシアが採用した軍用拳銃。ベルギーのナジン(ロシア風発音だとナガン)兄弟社が設計した拳銃で、 当時としてはあたりまえのリボルバー(輪胴)式機構である。動作はダブルアクション(引き金を引くこと で輪胴の回転動作と撃鉄起こしを同時に行う方式)であるが、シングルアクションでも動作可能であった。
 リボルバー式拳銃の欠点として昔から言われてきたことだがシリンダー部分と銃身の隙間から発射ガスが 漏れることによる弾速減少がある。当拳銃ではそのロスを無くすためシリンダーはガスシールされており、 また使用弾も薬莢部が長く弾頭を包み込むような形状をしている。発射時にはこの延長された薬莢先端が銃 身後端に密着するようになっており、できるだけ発射ガスの漏出を防ぐように工夫されている。また5〜6 連発が普通のリボルバー式拳銃の中で当拳銃の7連発というのは結構目立つ存在である。
 しかしその工夫のため構造は複雑となり、またシリンダーのガスシールのため空薬莢の排出や弾薬の補充 は1発ずつ銃右側から行う必要があるなど軍用として不向きな部分もあった。それでも帝政ロシア時代から 革命後のソビエト赤軍にまで幅広く使用され、オートマチック拳銃である トカレフに代替わりするまでの約40年間を 第一線で活躍し、WW2でも少数がソビエト軍やポーランド軍によって使用されている。またギリシアも当 拳銃を使用していた。

スペックデータ(ナガン1895軍用拳銃)
全長 23.0cm銃身長 11.0cm
装弾数 7発重量 795g(弾薬除く)
使用弾 7.62mmロシアン・ナガン実包  弾頭重量約5.6g
作動方式 シングルローディング式リボルバー シングル/ダブルアクション
初速 272m/sec最大射程 不明
派生型等 NAGANT 1895:当拳銃の名称。1895年採用のためこの名称が付いた
Model 1912:ギリシアで生産された改良型の呼称
Revolver 612(r):ドイツ軍に鹵獲後の名称。ポーランド軍から鹵獲した物は612(p)と呼ばれる