モシン・ナガンM1891/30小銃

MOSIN-NAGANT M1891/30 (M91/30)

ソビエト赤軍 1930年

m1891/30.jpg
海外マニアの個人コレクションであるM1891/30小銃

 帝政ロシア時代に各国に先駆けて手動式連発銃である モシン・ナガンM1891小銃を採用した ソビエトであったが後継小銃の開発は進まず、1920年代までM1891小銃一本槍であった。しかし、 帝政ロシア時代に採用されたM1891小銃は全長が長く取りまわしに不便であったことや、古くさいロシ ア独自の距離単位を使用した照尺を嫌ったソビエト赤軍では1920年代末に改良型の開発に着手した。
 1930年に採用となったことからM1891/30と呼ばれる(省略してM91/30とも呼ばれる) 改良型小銃は若干銃身を切りつめ、メートル法を使用した照尺を採用したものであったが、機関部はM18 91小銃そのままであった。また使用弾薬にも変更はなかった。
 ソビエト赤軍では当小銃に3.5倍(PU型)もしくは4倍(PE型)のスコープ(照準眼鏡)を装備し て狙撃銃としても使用した(狙撃銃型はボルト(槓桿)がスコープに干渉するためボルト形状が異なる)が、 ソビエトのプロパガンダ写真や映像では必ずスコープ付きの当小銃が出てくるため、一般には当小銃は狙撃 銃であるとの認識が強い。
 1930年代中頃から部隊配備が開始、WW2ではソビエト赤軍の中心的小銃として使用され、戦後も1 950年代までソビエト軍の制式小銃として君臨した。

スペックデータ(M1891/30小銃)
全長 123.2cm銃身長 72.9cm
装弾数 5発重量 4,000g
使用弾 7.62mm×54R(7.62mmラシアン) 弾頭重量約9.6グラム
作動方式 ボルトアクション式
初速 810m/sec最大射程 不明
派生型等 M1891/30:M1891小銃の改良型。狙撃銃も同名称だった
Gew 254(r):ドイツ軍に鹵獲後の名称。後方部隊や懲罰部隊に配備された