AKM突撃銃

AKM Assault Rifle

ソビエト赤軍 1956年

AKMS
折り畳み銃床モデルであるAKMS突撃銃

 優秀な突撃銃であるAK47を 生み出したソビエト軍であったが、AK47は強度的な問題からスチール削りだしという手間のかかる製造工程 をしていたため、量産向きとなるよう改良を施すこととなった。
 AK47の初期生産型と同様に機関部レシーバーをプレス加工に改めた(もちろん強度的な問題をクリアして) 改良型は1956年(57年という説もある)に制式化されAKMと名付けられた。機構的には旧来と同じガス 圧利用式であるが、発射回転数が高くフルオート射撃時のコントロールが難しかった点を改めるため、レート・ レデューサー(適正な発射回転数に押さえる機構)が新たに装備されている。また外見上の相違点として銃口部 に銃の跳ね上がりを押さえるマズル・アタッチメントやハンドガード部のふくらみがある。
 AK47同様に旧東側諸国の標準歩兵装備として大量に配備され、中近東・アフリカからアジアまでの幅広い 国々で愛用されている。

スペックデータ(AKM)
全長 89.8cm銃身長 43.6cm
装弾数 30発(箱形弾倉)重量 3,290g
使用弾 7.62mm×39(7.62mmラシアン・ショート) 弾頭重量約8g
作動方式 ガス圧動作ピストンオペレーテッド
初速 710m/sec最大射程 不明
派生型等 AKM:AK47の改良型。より大量生産向きとなった
AKMS:折り畳み式銃床モデル。空挺部隊や戦車搭乗員向け
MISR:エジプト製のAKM。折り畳み銃床モデルは銃の右側面へ畳むようになっている
AKM Hungarian:ハンガリー製のAKM。ハンドガード形状を独立グリップ式に変更
TABUK:イラク製のAKM。削りだしレシーバーモデルも存在する
68式:北朝鮮製のAKM。レート・レデューサーは装備されていない
PMKM:ポーランド製のAKM。オリジナルとほぼ差異はない
AIM:ルーマニア製のAKM。ハンドガード形状をバーチカルグリップ式に変更
M70AB1:ユーゴスラビア製のAKMS。擲弾発射機構を持つ
MPi-KmS:旧東ドイツ製のAKM。銃床・ハンドガードはプラスチック製