AK47突撃銃

AK47 Assault Rifle

ソビエト赤軍 1947年

AK47
AK47突撃銃

 第二次大戦中にドイツが開発した突撃銃(拳銃弾を使用する短機関銃とライフル弾を使用する小銃の中間サイズ の弾薬を使用する自動銃)は各国軍に衝撃を与えた。小銃よりも取り回しやすいサイズの銃で全・半自動射撃が可 能、しかも拳銃弾よりも威力の強い弾薬を使用する良いところ取りの銃であったが、いかんせん大戦末期で工業力 の低下していたドイツでは大量生産を行い全兵士へ行き渡らせることは不可能だった。
 ソビエトでもドイツ突撃銃に刺激を受け短小弾薬とそれを使用する小銃の開発に着手、ミハエル・カラシニコフ が設計を担当した銃を1947年に制式採用した。Avtomat Kalashinikov 47(カラシニコフ自動銃、47は採用年 から取った)と名付けられたこの突撃銃はスタイルこそドイツの物の模倣であったが、現代に至るまで米国のM1 6小銃と世界を二分する名銃となる優秀な銃であった。
 量産性を高めるため初期生産型は機関部をプレス加工で製作していたが、強度不足が指摘されたためスチール削 りだしに変更されている。作動方式はガス圧動作・ターンボルトと現代自動小銃としてオーソドックスなものであ るがメンテナンス・フリー性が高く、また過酷な環境においても確実な動作が可能(機関部に泥が入っても射撃可 能だし、経年劣化で燃焼効率の悪い弾薬でも快調に動作する)であった。
 ソビエトだけでなく旧東側諸国などにも大量に配備され、旧ワルシャワ条約軍の標準歩兵装備となった当銃は各 国でライセンス生産や模倣品生産が行われており、現代でも中近東やアフリカ諸国ではスタンダードな銃として使 用されている。(あまりに大量に生産されたため製造コストも安いのも人気のある要因であろう)

スペックデータ(AK47)
全長 87.4cm銃身長 41.8cm
装弾数 30発(箱形弾倉)重量 3,840g
使用弾 7.62mm×39(7.62mmラシアン・ショート) 弾頭重量約8g
作動方式 ガス圧動作ピストンオペレーテッド
初速 710m/sec最大射程 不明
派生型等 AK47:標準型。木製(合板)固定ストック装備
AK47S:折り畳み式金属製ストックを装備したモデル
AK47 Bulgarian:ブルガリア製のAK47。プラスチック製銃床を装備
56式歩槍:中国製のAK47。折り畳み式のスパイクバイヨネットが標準装備された
AK47 Hungarian:ハンガリー製のAK47。ストックが単一素材の木製である
58式:北朝鮮製のAK47。ストックが単一素材の木製である
PKM:ポーランド製のAK47。擲弾発射装置付きはPKM-DGN-60と呼ばれる
M70:ユーゴスラビア製のAK47。銃口部に擲弾発射装置を標準装備している
M70B1:ユーゴスラビア製M70の独自改良型。機関部をプレス加工にした
MPi-K:旧東ドイツ製のAK47。オリジナルとほぼ差異はない