L96スナイパー・ライフル

L96 Sniper Rifle

英国陸軍 1984年

L96A1
L96A1スナイパー・ライフル

 英陸軍は新時代を担う狙撃銃のトライアルを1980年代前半に実施し、各銃器メーカーによる競争審査を 行った。そのうちアキュラシー・インターナショナル社が提出したPMスナイパー・ライフルが最優秀である として制式採用を決定、1984年にL96A1の名称で英軍制式となった。
 木と鉄でできていた旧式ライフルとは異なり、現代風ライフルらしく軽合金とプラスチックで構成された当 小銃だが、長距離狙撃という任務に特化されているため重量は非常に重くなっている。銃身はステンレス・ス チール製のフローティングバレル(銃床や木被に接触しないタイプの銃身で、銃床部分と銃身のゆがみの差異 による命中精度低下を防げる)で、銃床もアルミをはさんだプラスチック製のものとなっている。また高倍率 の照準眼鏡(スコープ)や2脚(バイポッド)が標準装備されている。弾薬は着脱式の箱形弾倉に10発の7 .62mmNATO弾が装弾できる。
 1980年代後半からL42狙撃銃と交代す る形で配備が開始され、現在では大半が当狙撃銃へ移行している。

スペックデータ(L96A1)
全長 115.8cm銃身長 65.7cm
装弾数 10発(箱形弾倉)重量 6,550g
使用弾 7.62mmNATO弾(7.62mm×51、英軍名称:L2A2) 弾頭重量 約7g
作動方式 ボルトアクション式
初速 約800m/sec最大射程 不明
派生型等 L96A1:現在の英軍制式狙撃銃。消音式の特殊狙撃銃型も存在する