南部式自動拳銃

Nanbu Automatic Pistol

日本陸軍 1908年

南部式自動拳銃
南部式自動拳銃大型乙号(写真の弾倉は一部部品が欠品している)

 19世紀末から20世紀初頭にかけて各国で自動拳銃の軍用化に向けての研究が盛んとなり、日本も 時流に乗り遅れないよう自動拳銃の研究を開始した。外国製自動拳銃を若干数輸入して明治33年(1 900年)の北清事変に投入したほか、構造と機能を研究の参考にするなどした。
 ちょうどその頃、旧式化した二十六年式拳銃の 後継拳銃の開発計画が持ち上がり、東京砲兵工廠製造所長だった南部麒次郎が開発した自動拳銃(大型 と小型の二種類)を陸軍大臣に提案、明治40年に予備試験が実施された。
 大型・小型ともショートリコイル(機関部の後退と共に銃身部も若干後退する)式ブローバック(遊 底部が反動により後退することで排薬・装填が自動的に行われる)で、大型が8発、小型が6発の装填 を可能としていた。また握りの部分に安全装置が装備されており、暴発等に対する安全性も高められて いる。
 予備試験を経て採用試験にまで達し(採用試験時には四一式自動拳銃と仮称まで付いていた)、優秀 な性能から制式採用目前と思われていたが、経費多端のおり不要不急の拳銃開発は本末転倒であると陸 軍大臣からクレームが付いたことにより制式採用を見送られてしまっている。
 しかし大型拳銃は将校用自衛拳銃として希望者に頒布(高級将校の自衛用拳銃や軍刀は官費支給ではなく 自弁であった)された他、小型も大陸へ渡る将校や民間人の護身用として販売されている。なお大型拳 銃は後に海軍が制式採用、陸式拳銃の名で陸戦隊などに使用されている。
 余談ではあるが、古いガンマニア諸子には大型=パパナンブ、小型=ベビーナンブの愛称で親しまれ る名銃であり、現存する程度の良い実銃が少ないため海外のガンコレクター間でも人気のある銃でもある。

スペックデータ(南部式自動拳銃大型乙号)
全長 22.9cm銃身長 約11cm
装弾数 8発重量 945g
使用弾 8ミリ口径 小型自動拳銃実包  弾頭重量約6.6g
作動方式 ショートリコイルブローバック式
初速 315m/sec最大射程 500m
スペックデータ(南部式自動拳銃小型)
全長 17.4cm銃身長 約7.4cm
装弾数 6発重量 548g
使用弾 7ミリ口径 小型自動拳銃実包  弾頭重量約3.6g
作動方式 ショートリコイルブローバック式
初速 280m/sec最大射程 不明
派生型等 大型甲号:木製銃床(収納容器を兼ねる)を装備するモデル。照尺付き
大型乙号:木製銃床を装備しない他は甲号と同じ仕様のモデル。革製銃嚢(ホルスター)付属
小型:スケールダウンした護身用モデル。照尺は廃止され固定照門となった
陸式拳銃:海軍が採用した大型乙号拳銃の海軍名称