九九式小銃

Type 99 Rifle

日本陸軍 1939年

九九式小銃
九九式小銃

 明治以後6.5ミリ口径の三八式歩兵銃を 使用してきた日本軍だったが、小口径ゆえの威力不足から何度か列強各国が採用している7〜8ミリ口径弾を 使用した強力な小銃の開発計画が持ち上がった。大正8年には三八式歩兵銃を改造した7.7ミリ口径試製銃が 試験されたし、昭和4年にはそれよりもやや大きめの弾薬を使用する試製甲号7.7ミリ小銃の試作が行われて いる。しかし命中精度や反動、機構的な問題などが解決できなかったため、制式化は見送られてきた。
 昭和13年、再度7.7ミリ口径小銃の開発が開始された。これは威力強化のためのほかに重機関銃に使用さ れている弾薬との互換性を考えてのことであった(実際には 九二式重機関銃が使用していた九二式普通実包は反 動が強すぎて小銃への転用は不可能だったため、弾薬の形状を合わせて小銃→重機関銃という一方的な互換性を 持たせたに過ぎない)。
 新型7.7ミリ口径小銃は三次にわたる試作によって昭和14年5月に最終試作型が完成、1ヶ月にわたる実 用審査の結果同年6月に九九式小銃として仮制式採用となった。命中精度は三八式歩兵銃に匹敵し、反動も抑え られており動作も良好、量産性に欠ける三八式歩兵銃とは異なり全部品を規格化することで部品の互換性を持た せたことも評価できる(ただし大量生産向きになったため安っぽくなったとの意見もあった)。標準装備された 立脚は賛否両論あり、命中精度向上に役立つという意見がある一方で余計な重量増になるとの意見も多い(立脚 は折り畳み時ちょうど銃を握る際に手がかかる位置にあったため錆びやすく、手入れが大変で錆びでも出そうも のなら古兵に格好の虐めのネタにされたという体験談も伝えられている)。
 採用後すぐに量産に着手し、内地の師団から三八式歩兵銃との転換作業に入ったが、同一師団内で違う種類の 小銃を使用することは不利かつ不経済であったため、ある程度の数が揃わないと転換できず、太平洋戦争開戦時 においてもまだ転換作業は終了していなかった。そのため前線では旧式な三八式を使用し、後方の内地では新型 の九九式を使用するといった状況になっており、とうとう終戦まで三八式歩兵銃を使用しつづけた師団もあった。

スペックデータ(九九式小銃)
全長 125.8cm(着剣時 164.2cm)銃身長 65.7cm
装弾数 5発重量 4,100g
使用弾 7.7ミリ口径 九九式普通実包  弾頭重量約11.8g
作動方式 手動槓桿(ボルトアクション)式
初速 740m/sec最大射程 3,400m
派生型等 九九式小銃:7.7ミリ口径の小銃。全部隊には行き渡らなかった
九九式短小銃:騎兵用に全長を切りつめたモデル。騎兵以外にも使用された
九九式狙撃銃:命中精度の良好な小銃に照準眼鏡(スコープ)を装備したモデル
九九式短狙撃銃:命中精度の良好な短小銃に照準眼鏡(スコープ)を装備したモデル
九九式小銃(挺身用):中央から二分割できるよう改造された落下傘降下部隊用小銃