九九式軽機関銃

Type 99 Light Machinegun

日本陸軍 1939年

九九式軽機関銃
九九式軽機関銃(後脚を立てた状態)

 それまで使用してきた6.5ミリ口径の九六式軽機関銃で は威力が弱く、また重機との銃弾互換性も無いとして昭和12年頃から陸軍技術本部において7.7ミリ口径の 新型軽機開発研究が開始された。この経緯は九九式小銃の 開発経緯と同じものである。
 昭和13年に完成した第一次試作品は耐久性・命中率に若干の難ありと判定されたが、これは重機関銃用の強 力な九二式普通実包を使用したためだったので、第二次試作に併せて九二式普通実包と形状は同じだが若干弱装 の新型実包開発も行われた(この実包は九九式小銃と共用だった)。
 第二次試作品は昭和13年末に完成、新型実包を使用した耐久試験では耐久性・命中率とも良好であったため、 この試作品に新規に設計された簡易化脚と銃身交換装置を装備したものが昭和14年7月に仮制式となった。従前 の九六式軽機関銃と形状にあまり変化はないが、銃口に消炎器(フラッシュハイダー)が付いたことと、銃床に 後脚が装備されているのが判別するポイントである。形状が似ているため照準眼鏡は互換性があり、当軽機にも 九六式照準眼鏡が装備可能であった。また銃剣着剣装置も健在である。なお構造強化と後脚などの追加部品のた め重量は九六式よりも重くなってしまっている。
 弾倉に銃弾を込める際に使用する装弾器(クリップに留めた銃弾を弾倉に押し込むための道具)には塗油機構 が装備されている。これは装弾不良を軽減するための工夫であるが、九六式で一度廃止されたが再度復活したも のであった。
 順次九六式軽機関銃と交換が開始されたが、各師団に配備された小銃の交換と同時に行われたため全部隊に当軽 機は行き渡らず、終戦まで6.5ミリ口径の九六式や 十一年式軽機を使用した部隊も多かった。

※フラッシュハイダー(消炎器)の効果について『敵に銃火を発見されにくくする』という風に記述した書籍が多 く見られるが、実際には銃火を完全に消せる機能を持ったものは少なく、本来は射撃時に射手の目がくらまないよ う射手側から銃火が見えなくなるよう工夫されただけの物が多い。サイト制作者T−Keyもフラッシュハイダー の機能とはその程度であると認識している。

スペックデータ(九九式軽機関銃)
全長 118.5cm銃身長 55cm
装弾数 30発(箱形弾倉)重量 約11,000g
使用弾 7.7ミリ口径 九九式普通実包  弾頭重量約11.8g
作動方式 ガス圧動作ピストンオペレーテッド
初速 715m/sec最大射程 3,500m
派生型等 九九式軽機関銃:九六式軽機の口径拡大版。発射速度550発/分