九六式軽機関銃

Type 96 Light Machinegun

日本陸軍 1937年

九六式軽機関銃
射撃中の九六式軽機関銃

 満州事変に投入された十一年式軽機関銃だった が、防塵・防寒に難があり機構的にも不具合が多かったため非常に扱いづらい軽機だとして、後継軽機関銃の開発 が昭和7年から開始された。
 十一年式軽機で最も不具合の多かった装弾機構については新型に採用しないこととし、当時最も優秀であると評 判の高かったチェコ製ZB26軽機を参考にした箱形弾倉給弾方式となった。数次の試作を繰り返した後、昭和1 2年に最終試作型が完成、約1年の事務処理を経て翌13年に九六式軽機関銃として制式採用となった。
 優秀なチェコ製軽機を参考にしただけあって九六式軽機関銃も優秀な軽機関銃であったが、内面にクロムメッキ を施すことで銃身命数(銃身の寿命。通算発射弾数で表される)を延ばすなど、日本独自の設計も取り入れられて いる。また他国の軽機に無い特徴として、銃剣の着剣装置がある。これは『歩兵戦闘の真髄は突撃にあり』とした 日本陸軍の精神を表したものであるが、小銃の倍以上重量のある軽機に銃剣を着けて突撃させられる銃手の苦労 は並大抵では無かったようだ。
 ちなみに銃身部は放熱フィンが取り付けられているだけで保護されていないため、射撃直後は熱くなり直接手で 持てない。そのため十一年式軽機では握皮といって石綿と牛革で作られた握り用の用具が用意されていたが、当九 六式軽機では捉把(ていは)と呼ばれる握りが機関部上部に取り付けられている(突撃時には捉把を左手に持ち、 負皮(肩掛け用ベルト)を一杯に張るよう銃を前に突き出す形で腰だめに軽機を抱えるようにする。もちろん突撃 中も射撃可能なよう右手は握把(グリップ)を握る)。
 余談ではあるが大陸戦線において中国軍と対峙した際に、中国軍が使用した軽機はチェコ製スコダ社のもの(日 本陸軍ではチェッコ機銃と呼び、鹵獲したものをチ式7.9ミリ軽機と名付け準制式兵器として使用した)で、当 九六式軽機の元となったZB26軽機の直系子孫ともいえる銃であり、大陸戦線ではZB26の子孫同士が争うと 言った状況が多く見られた。

スペックデータ(九六式軽機関銃)
全長 104.8cm銃身長 約55cm
装弾数 30発(箱形弾倉)重量 約9,000g
使用弾 6.5ミリ口径 三八式歩兵銃実包  弾頭重量約9g
作動方式 ガス圧動作ピストンオペレーテッド
初速 735m/sec最大射程 3,500m
派生型等 九六式軽機関銃:太平洋戦争での主力軽機である。発射速度550発/分