九四式拳銃

Type 94 Automatic Pistol

日本陸軍 昭和9年

九四式拳銃
九四式拳銃

 明治期から昭和初期にかけての高級将校用の自衛用拳銃としては海外からの輸入小型オートマチック ピストルが使用されていたが、将校各自の自弁であるため使用銃のメーカーはまちまちで銃弾に互換性 が無く保守整備上の問題もあった。使用銃を国産のものに統一すべきであったが、 国産の南部式自動拳銃小型は価格が高く、 威力不足な点もあって製造中止となっていたし、陸軍の制式拳銃である 十四年式拳銃は大型すぎて護身用に は不向きであった。
 そこで南部麒次郎中将は昭和8年に将校向けの小型自動拳銃を試作、翌9年に度重なる審査と改修を 行った結果九四式拳銃として準制式採用となった。安価で実包も十四年式拳銃と共通のものを使用する ようになっていたため互換性の問題は解消できたが、構造に欠陥があってよく暴発事故をおこしたため 将校達の人気は良くなかった(この構造上の欠陥による暴発に対しては「実弾を装填したまま携帯して いると銃の横を押さえただけで暴発し、自分の足を打ち抜く事故が多かった」と「通常の携帯方法を守 っていれば全く問題なかった」という両極端な話が伝わっており真偽のほどは判らない)。

スペックデータ(九四式拳銃)
全長 18.1cm銃身長 約7.5cm
装弾数 6発重量 730g
使用弾 8ミリ口径 十四年式拳銃実包  弾頭重量約6.6g
作動方式 ショートリコイルブローバック式
初速 284m/sec最大射程 1,300m
派生型等 九四式拳銃:将校用自衛拳銃。暴発事故が多かったと伝えられる