九二式重機関銃

Type 92 Heavy Machinegun

日本陸軍 1933年

九二式重機関銃
九二式重機関銃(高射用具に搭載された状態)

 日本陸軍は6.5ミリ口径の銃弾を明治から使用していたが、世界各国の趨勢は7〜8ミリ口径 となっており6.5ミリ口径では威力が低いとして口径拡大の研究が開始された。もちろん重機関 銃だけでなく軽機関銃や小銃の使用弾薬についても研究が行われたが、日本陸軍で最初に7.7ミ リ口径化したのは航空機搭載の旋回機銃(八九式旋回機関銃)であった。この旋回機銃の弾薬を陸 上用重機関銃に使用する研究が昭和4年から開始された。
 三年式機関銃を改造して7.7ミ リ口径の銃弾を使用できるようにした試作銃は昭和7年初頭に完成したが、使用する銃弾(結局陸 上用として銃弾も新規開発することとなった)は未完成であった。銃弾よりも銃本体の製作が容易 だったのは元々重機関銃は銃本体が頑丈かつ大型なため、口径拡大による補強や重量増加に耐えう る構造をしていたからであろう。
 昭和7年から8年にかけての試作銃および試製銃弾による試験結果は良好であったため、九二式 重機関銃の名で仮制式となった(制式採用は昭和14年)。基本的な構造は三年式機関銃と同じも のであったが、握把が折り畳めるようになったことと銃口に消炎器が装備可能になったことが主な 相違点である。また銃の引き金は三年式では人差し指で引く引金式だったものが当重機では親指で 押す押鉄式に改められた。
 三年式機関銃をそのまま7.7ミリ口径に改造したもの(銃本体に『改』の刻印が打たれた)と 新造のものが存在する。太平洋戦争では主力重機として各戦線で重用され、非常に命中精度の高い 機関銃として敵に恐れられたという。

スペックデータ(九二式重機関銃)
全長 115.5cm銃身長 72.1cm
装弾数 30発(保弾版)重量 55,500g
使用弾 7.7ミリ口径 九二式普通実包  弾頭重量約13g
作動方式 ガス圧動作ピストンオペレーテッド
初速 740m/sec最大射程 4,300m
派生型等 九二式重機関銃:太平洋戦争時の主力重機関銃。発射速度450発/分