89式小銃

Type 89 Rifle

陸上自衛隊 1989年

89式小銃
89式小銃

 昭和39年(1964年)に採用された64式小銃の 配備が1980年代に入ってようやく完了した陸上自衛隊であったが、世界各国の軍用銃は小口径化へ と移りつつあった。64式小銃と同時期に米軍が採用したM16ライフルの使用する5.56ミリ口径 弾薬が既に一般的となっていたが、M16ライフルの改良型であるM16A2ライフルと同時に開発さ れた改良型5.56ミリ弾薬(SS109)がNATOの新標準弾薬として制定されると、日本も遅れ ばせながら小口径化した新型小銃の調達を開始することになった。
 技術研究本部で進められていた小口径小銃の開発は、64式小銃の欠点だった生産性の悪さ、コスト 高を改善することを念頭に進められ、完成した小銃は平成元年(1989年)に89式小銃の名で仮制 式となった。
 生産性を向上させるためスチールプレスとロストワックス鋳造を多用し、現代小銃のスタンダードと なっているプラスチック部品を多用した89式小銃は軽量化にも成功しており非常に扱いやすい銃とな っている。また小銃と同時に開発された89式弾薬はNATO標準のSS109弾に準拠するものであ る。機構的にも近代化がなされており、全/半自動の他に3点連射(一度引き金を引くことで3発の銃 弾を発射する。3点バーストとも呼ばれる)が新たに組み込まれた。なお、銃床はプラスチック製固定 式のものと機関部後端で折り畳める金属製のものの2種類が用意されている。64式小銃でも議論を呼 んだ2脚は当小銃にも引き継がれているが、軽量合金を使用しているため重量は抑えられている。  現在64式小銃との置き換えが実施されており、陸上自衛隊普通科(旧軍で言うところの歩兵)では 大部分が当小銃に置き換わりを完了している。

スペックデータ(89式小銃)
全長 91.6cm銃身長 42.0cm
装弾数 30発重量 3,500g
使用弾 5.56ミリ口径 89式弾薬(NATO 5.56mm×45 SS109相当)  弾頭重量約4g
作動方式 ガス圧動作ピストンオペレーテッド  全自動/3点連射/半自動切換式
初速 940m/sec最大射程不明
派生型等 89式小銃:5.56mm口径の新型小銃。現在も調達中