64式小銃

Type 64 Rifle

陸上自衛隊 1964年

64式小銃
64式小銃

 太平洋戦争の敗戦により一時は武装を禁じられた日本であったが、昭和25年の警察予備隊発足と ともに再軍備への道を歩むことになった。しかし国内の兵器産業はすべて閉鎖されてしまっており、 銃や弾薬などを供給できる状態では無かったため米国から小銃の供与を受けることになり、大戦中米 軍の主力小銃であったM1ガーランドライフル(日本での名称はM1小銃)を警察予備隊も使用する こととなった。M1小銃は7.62ミリ口径8連発の半自動銃(装填排莢が自動化されているが引き 金を1度引くごとに1発しか発射できない銃のこと。引き金を引いている間銃弾を発射し続ける銃は 全自動銃と呼ばれる)だったが、欧米人の体格に合わせたサイズだったため小柄だった日本人には少 し大きすぎ、銃の反動も強く扱いづらい銃であった。
 そこで昭和30年代中頃から防衛庁技術研究本部で新型小銃の開発研究がスタート、NATO標準 となっていた7.62ミリ口径弾薬を使用する小銃が昭和39年に64式小銃の名で仮制式となった。
 64式小銃は全自動/半自動切換式の小銃であるが、直線型銃床の採用や減装弾薬の使用により発 射時の反動が押さえられており非常に扱いやすい銃となっており、また遊底部分も撃芯と撃鉄が同軸 線上に配置されており銃のぶれが少ないため命中精度も高いものとなっている。ただし戦後初の国産 小銃として開発陣が張り切りすぎたのか折り畳み式2脚なども標準装備されており、この2脚は重量 増加の要因だとして一部自衛官には嫌われていた。また機関部がスチールの削り出しで製作されてい るため強度・耐久性には優れていたが、生産性という点で劣っていた。
 仮制式採用後はM1小銃と置き換えることで配備が進められたが、戦車や航空機などの主力装備に 予算の大半が割かれたためM1小銃がすべて64式小銃に置き換わったのは1980年代に入ってか らのことであった(現在も儀礼用として少数のM1小銃が使用されているようだが)。
 余談ではあるが生産性が悪く、憲法により輸出も禁じられているこの小銃は1丁当たりの生産コス トが非常に高価(大量生産されている米M16ライフルの10丁分、旧共産圏で乱造されたAKライ フルなどと比較すれば数十丁分)で、世界一高価な軍用ライフルとして悪名を馳せてもいる。

スペックデータ(64式小銃)
全長 99.0cm銃身長 45.0cm
装弾数 20発(箱形弾倉)重量 4,400g
使用弾 7.62ミリ口径 NATO標準減装実包(7.62mm×51)  弾頭重量約7g
作動方式 ガス圧動作ピストンオペレーテッド  全自動/半自動切換式
初速 800m/sec最大射程 3,700m
派生型等 64式小銃:戦後初の純国産制式小銃。全自動射撃時の発射速度は500発/分