62式機関銃

Type 62 Light Machinegun

陸上自衛隊 1962年

62式機関銃
射撃姿勢の62式機関銃

 太平洋戦争の敗戦により旧陸軍が使用していた兵器は一掃され、警察予備隊発足とともに米国から兵器が 供与された。分隊支援用の火器である軽機関銃も同様であったが、供与されたのはM1919A6軽機関銃 であった。これは型式名からも判るとおり原型の制式採用が1919年と古い機関銃であり、欧米人向けに 設定されたサイズ・重量も日本人には荷が重いものであった。
 そこで昭和30年から新型機関銃の開発を開始、幾度の試作を経て昭和37年に62式機関銃として仮制 式となった。従前の米国製機関銃が反動利用(ブローバック)式の機構を持っていたのに対し、62式はガ ス圧動作式となっており、発射速度が向上している。射撃時の安定のため2脚が標準装備されているが、車 両に搭載する場合や固定陣地で使用する際には3脚に搭載することも可能となっている。
 陸上自衛隊普通科では1班(11名)に対して1丁が配備され、支援火器として使用されているが小銃が 64式小銃から 89式小銃へ変更されるに従って、銃弾 の互換性を保つため、当機関銃もベルギーFN社製のミニミ軽機関銃へ更新されつつある。

スペックデータ(62式機関銃)
全長 120.0cm銃身長 60.0cm
装弾数 ベルトリンク給弾重量 10,700g
使用弾 7.62ミリ口径 NATO標準減装実包(7.62mm×51)  弾頭重量約7g
作動方式 ガス圧動作ピストンオペレーテッド
初速 740m/sec最大射程 3,700m
派生型等 62式機関銃:戦後唯一の純国産制式軽機関銃。発射速度650発/分