四四式騎兵銃

Type 44 Carbine

日本陸軍 1910年

四四式騎兵銃
四四式騎兵銃(最終型:銃剣は折り畳まれている)

 騎兵が馬上で使用するため取り回しやすいように切りつめた小銃を騎兵銃(騎銃)として使用してきた 日本陸軍であったが、日露戦争の戦訓で「騎兵といえども接近戦等では徒歩となることが多く、白兵戦を 考慮する必要がある」ことが判ったため、三八式歩兵銃を 切りつめた三八式騎兵銃には銃剣の着剣装置が標準装備された。しかし馬上では着剣せずに銃剣は鞍に付 けた鞘へ収納しており、いざというときに着剣の手間がかかり不便であるとして最初から銃に銃剣を装備 した新型小銃の開発が始まった。
 装備する銃剣は通常の小刀型ではなく細い錐のようなもので、銃の先端を支点にぐるりと銃床に沿った 形で後方へ折り畳めるようになっている。銃剣の断面は三角形をしており刺突時の威力を高め、銃剣の強 度も保つようになっている。
 明治43年に完成、同年末に四四式騎兵銃として採用されたが、初期の生産モデルは銃剣取り付け部の 強度が不足しており、また銃剣使用時と収納時で命中精度にかなりバラツキがあったため昭和2年から改 修研究が開始され、昭和9年からは改修型が生産されるようになった(昭和11年に再度改修が行われて いるため、当騎兵銃には3つの生産タイプが存在する)。
 騎兵という非常に限定された兵科にしか配備されなかったため(歩兵銃に比べ)生産数は少ない。

スペックデータ(四四式騎兵銃)
全長 95.5cm(着剣時 130.9cm)銃身長 41.9cm
装弾数 5発重量 3,965g
使用弾 6.5ミリ口径 三八式歩兵銃実包  弾頭重量約9g
作動方式 手動槓桿(ボルトアクション)式
初速 708m/sec最大射程 2,000m
派生型等 四四式騎兵銃:太平洋戦争時の主力騎兵銃。機関部は三八式歩兵銃に準ずる