三八式歩兵銃

Type 38 Infantry Rifle

日本陸軍 1906年

三八式歩兵銃
三八式歩兵銃(写真の銃は遊底覆が外されている)

 日露戦争に投入された三十年式歩兵銃だったが、 6.5ミリと他国のものに比べ小口径だったため殺傷能力が低いという評価を受けてしまった。そこで陸軍技術審査 部では入念な審査の結果、口径を7.7ミリに拡大することを決定したのだが、その後近距離戦においては口径の差 異による殺傷能力の差はないとの結果が出たため、新型小銃も6.5ミリ口径で開発されることになった。
 新型小銃は従来の三十年式歩兵銃とほとんど変更は無かったが、防塵のため遊底覆が標準化された他、弾薬も初速 を高めた新型が採用された。明治38年に完成したことから三八式歩兵銃(採用は翌明治39年)と名付けられたこ の新型小銃は、以後日本軍を代表する小銃として太平洋戦争終戦まで使用されている(生産自体は昭和16年に終 了)。
 各国の小銃に比べ非常に部品数が少ないためメンテナンス性が高く、銃身内はクロムメッキが施され対腐食性も高 く、高初速・低反動の弾薬と相まって非常に命中精度も高かった。しかし、工業化の立ち後れていた日本では製造ラ インにおける規格統一が難しく、同じ部品でも各小銃間で互換性は無く、1丁1丁を銃工兵の手によって調整しない と使用可能とならない欠点もあった(この欠点は当小銃だけでなく各種兵器にも言えることであったが、配備数が多 く使用兵も多岐にわたる小銃が最も目立って批判されているようだ)。

スペックデータ(三八式歩兵銃)
全長 127.6cm(着剣時 160.7cm)銃身長 79.7cm
装弾数 5発重量 4,100g
使用弾 6.5ミリ口径 三八式歩兵銃実包  弾頭重量約9g
作動方式 手動槓桿(ボルトアクション)式
初速 762m/sec最大射程 2,400m
派生型等 三八式歩兵銃:第一次大戦以後の主力小銃。立脚が付いたモデルもある
三八式騎兵銃:騎兵用に全長を切りつめたモデル。銃剣の着剣を可能とした
九七式狙撃銃:命中精度の良好な歩兵銃に照準眼鏡(スコープ)を装備したモデル