三八式機関銃

Type 38 Heavy Machinegun

日本陸軍 1905年

三八式機関銃
射撃訓練中の三八式機関銃

 明治建軍直後の機関銃と言えば手回し式ガトリング砲が中心であったが、明治半ばになって海外から 馬式機関銃(米マキシム社製、水冷)や保式機関銃(仏オチキス社製、空冷)を少数輸入して試験を行 った。これら輸入機関銃は日露戦争にも投入されたが、この時代の機関銃は車輪の付いた砲架に搭載さ れているものが主流であった。ところがロシア軍が使用するマキシム機関銃は駄載(分解して馬に乗せ て運ぶ)式三脚架だったため、日本軍も運搬の簡便性などから三脚架式を研究することになった。(余 談ではあるが、当時の日本軍では自動連射が可能なものは全て『機関砲』と呼ばれており、口径11ミ リ以下のものを『機関銃』と呼ぶようになったのは三八式機関銃の制式化に併せてのことであった)
 日露戦争では保式機関銃に急造の三脚架を装備して使用してみたが、これは不具合が多く使い勝手が 悪かったため戦後改良を加えることになった。砲兵少佐(当時)南部麒次郎が中心になって進められた 改良は、薬莢への塗油による動作改善、薬室の改良による装弾改善、機関部等の強化、連射機能(引き 金を引き続けなくても自動的に連射する機能)の付加などが挙げられる。この改良を加えられた保式機 関銃は明治40年に三八式機関銃として制式制定された。形状自体は保式機関銃とほぼ変更無いが、使 用弾は日本独自の6.5ミリ口径となっている。
 第一次大戦で青島攻略に使用されたのが初陣であるが、その後大きな作戦に投入されることなく順次 第一線を退いている。しかし昭和になって大陸戦線がきな臭くなると再度現役に復帰、少数が再使用さ れたほか昭和10年には高射用照準器が新規装備として追加されている。

スペックデータ(三八式機関銃)
全長 144.8cm銃身長 約70cm
装弾数 30発(保弾板)重量 55,500g
使用弾 6.5ミリ口径 三八式普通実包  弾頭重量約9g
作動方式 ガス圧動作ピストンオペレーテッド
初速 450m/sec最大射程 4,000m
派生型等 三八式機関銃:保式機関銃を改良した初の国産制式機関銃。発射速度450発/分