このページは
Keyのミリタリーなページ の
コンテンツの一部です。

三五年式海軍銃

Type 35 Marine Rifle

日本海軍 1902年

三五年式海軍銃
三五年式海軍銃(写真の銃には遊底覆が付いていない)

 陸軍が採用した三十年式歩兵銃を海軍陸戦隊 用にアレンジした小銃。それまで輸入銃のヘンリー小銃を使用していた海軍であったが、陸軍が国産小銃を完全制 式化したことを受け、陸軍技術審査部に海軍向け改良を依頼したものである。改良に携わったのは砲兵大尉南部麒 次郎(後に東京工廠製造所長となり南部式自動拳銃などを開発する)だった。
 基本的に三十年式歩兵銃と変化のないものであったが、スライド式だった表尺板(照門部分の射撃距離を表す部 分)が扇転式に改められており、遊底覆(機関部を保護するための覆い)が追加されている。ただし遊底覆は槓桿 動作と連動しない不完全なものだったため、実際の射撃時には槓桿操作前後に遊底覆を動かす必要があった。

スペックデータ(三五年式海軍銃)
全長 127.5cm(着剣時 166.5cm)銃身長  79.0cm
装弾数 5発重量 3,850g
使用弾 6.5ミリ口径 30年式実包  弾頭重量約11g
作動方式 手動槓桿(ボルトアクション)式
初速 700m/sec最大射程 2,000m
派生型等 三五年式海軍銃:海軍陸戦隊向けにアレンジされた三十年式歩兵銃。配備数は少ない