二十六年式拳銃

Type 26 Revolver Pistol

日本陸軍 1894年

二十六年式拳銃
二十六年式拳銃

 近衛兵や輜重兵、砲兵など小銃を持ち歩くには不都合がある兵科については拳銃が支給されていたが、 明治建軍時点では国産の拳銃は無かったため、アメリカS&W社製のリボルバー(輪胴式)拳銃を輸入 していた。しかし「兵器は自国で生産できるものを配備せねば有事の際に調達・補給が困難になる」と いう兵器独立の問題もあって、早急な拳銃の国産化が望まれていた。
 そこで明治21年頃から東京砲兵工廠において拳銃開発の研究がスタート、中折れ式(弾薬の排莢・ 装填時に銃が真ん中から折れる仕組み)6連発のリボルバー式拳銃を完成させ明治27年に二十六年式 拳銃として制式採用に至った。
 それまで使用していたS&W社製拳銃と同じ6連発であるが、口径は9ミリと減じられ(S&Wリボ ルバーは.44口径(約11ミリ))ている他、ダブルアクション式(引き金を引くことで輪胴の回転と 撃鉄起こしを同時に行う仕組みで、そのまま引き金を引ききれば撃発。S&W社製拳銃はシングルアク ション式(撃鉄を起こすことで輪胴が回転し、引き金を引いて撃発)だった)となり、射撃速度が向上 した。

スペックデータ(二十六年式拳銃)
全長 22.9cm銃身長 約11cm
装弾数 6発重量 904g
使用弾 9ミリ口径 二十六年式拳銃実包  弾頭重量約9.8g
作動方式 中折れ輪胴(リボルバー)式 ダブルアクション
初速 230m/sec最大射程 不明
派生型等 二十六年式拳銃:日本陸軍初の国産制式拳銃