特五式内火艇(トク)

Type5 Landing Vehicle (TOKU)

日本海軍 未完成

特五式内火艇
特五式内火艇の側面図(一部想像)

 一式中戦車をベースにした水陸両用戦 車である特三式内火艇の改良型として開 発が開始された車両。戦況の悪化に伴い多種多様な兵器について構造の簡易化、素材の代用化を進めて いたため、当車も簡易化を主眼において設計が行われた。
 製作工程の簡易化のため装甲に平板を溶接した車体をベースとし、フロート部分も直線的なシルエッ トとなり製造を容易とした。しかし火力は強化され、車体本体に主砲である47ミリ戦車砲を移し、砲 塔には海軍艦艇で対空砲として使用されている25ミリ機関砲が搭載された。砲塔に高初速で発射弾数 の多い機関砲を据えるのは現代の歩兵戦闘車両に通ずるものがある。
 開発に着手したのが昭和20年に入ってからのことであったため、試作車の製作途中で終戦を迎えて しまい実車は一台も完成できなかった。

スペックデータ(特五式内火艇:一部推定値)
全長10.80m全高 3.38m
全幅 3.00m重量29.10トン
最高速度(陸上)32km/h、(水上)10km/h行動距離不明
発動機統制型一〇〇式V12型ディーゼル 240馬力×1基
乗員数7名総生産数実車完成せず
武装一式47mm戦車砲×1、25mm単装機関砲×1、九七式7.7mm車載重機×2
最大装甲厚(上面)8mm〜(前面)50mm
派生改良型 トク:特五式内火艇。試作車製作途中で終戦を迎えた