九四式軽装甲車(TK)

Type94 Light Armoured Vehicle (TK)

日本陸軍 1934年

九四式軽装甲車
九四式軽装甲車(初期生産型)

 1930年代初頭の機械化兵団構想において砲や弾薬補給車を牽引するためのトラクターとして開発が 開始された車両。英国の傑作装軌車両である ビッカース・カーデンロイド装甲車を お手本に設計され、八九式中戦車で採用され ていたリーフスプリング(板バネ)式サスペンションでは無く、以降日本戦車の標準となるコイルスプ リングのリンク式サスペンションを採用した。
 自衛のため一人用の小型砲塔に7.7ミリ機銃を搭載しており、その走行性能や火力はただの牽引用ト ラクターとして使用するだけではもったいないとして、日本陸軍では当車両を偵察・捜索・警戒・連絡 任務などに使用した。
 悪路にも良く適応し中国戦線では『豆戦車』と呼ばれ重宝されており、日中戦争の際当車により編成さ れた独立装甲車隊は後に戦車連隊へと発展していくことになる。
 なお誘導輪を大型化し履帯の接地面積を拡大する事で機動性を高めた改良型が昭和11年(1936年) から生産されている。こちらは改修九四式軽装甲車と呼ばれ、後期生産はこの改修型が中心となっている。 また試作型としてディーゼルエンジン搭載型や37ミリ砲搭載型も製作されている。

スペックデータ(九四式軽装甲車)
全長3.08m全高1.62m
全幅1.62m重量3.45トン
最高速度40km/h行動距離200km
発動機九四式空冷4気筒ガソリンエンジン 35馬力×1基
乗員数2名総生産数不明
武装九七式7.7mm車載重機×1
最大装甲厚(上面)4mm〜(前面)12mm
派生改良型 九四式:初期生産型。全車とも砲塔は人力旋回(車長が機銃座を肩で押す方式)
改修九四式:改良型。誘導輪を拡大し履帯設置面積を向上、内部に耐火パネルが新設された
(試作車):ディーゼルエンジン搭載型の試作車両。操縦席位置を左側へ変更。試作のみ