五式中戦車

Type5 Medium Tank

日本陸軍 1945年

五式中戦車
終戦後、連合軍に接収された五式中戦車(主砲は着いていない)

 対戦車戦闘を念頭に新規開発された 四式中戦車の発展型とも言える戦車で、 日本陸軍最後の中戦車である。
 四式中戦車の基本設計から変更は無かったが、更に重量が増加したため車体長が延ばされ転輪は片 側8個となっている。砲は四式中戦車の項で述べたとおり五式戦車砲I型が搭載される予定 であったが、計画段階では九九式8.8センチ高射砲の戦車砲改造型を搭載する計画もあったため砲塔 は四式中戦車よりも大型のものとなっている。また車体前面には一式37ミリ戦車砲が副砲として搭載 されており一層の火力増強が図られている。なお重量増加に対応するため搭載エンジンはBMW社製の 航空機エンジンを車載用に改造したものが搭載された。
 昭和19年(1944年)末から開発が開始されたが終戦までに試作車は完成せず、未完成(とは言え ほぼ完成状態)の車両が1台だけであった。

スペックデータ(五式中戦車)
全長7.30m全高3.05m
全幅3.05m重量37.0トン(40トン超説もある)
最高速度45km/h行動距離250km
発動機BMW製水冷V型12気筒ガソリンエンジン 550馬力×1基
乗員数5名総生産数1両(未完成)
武装五式7.5cm戦車砲型×1、一式37mm戦車砲×1、九七式7.7mm車載重機×1〜2
最大装甲厚(上面)12mm〜(前面)75mm
派生改良型 チリ:五式中戦車。試作車1両がほぼ完成状態の時点で終戦となった
チリII:過給器付き空冷12気筒ディーゼル(500hp)搭載型。計画のみ