一式中戦車(チヘ)

Type1 Medium Tank (TIHE)

日本陸軍 1943年

一式中戦車
一式中戦車

 昭和12年(1937年)に制式化された 九七式中戦車は当時としては世界水準の戦車であ った。しかし搭載砲が短砲身57ミリ砲だったため対装甲車両戦闘には不向きとされ、長砲身・高初速の対戦車 砲を搭載した改良型の開発を行う事になった。
 日本陸軍では歩兵が使用する対戦車砲として一式47ミリ対戦車砲を開発していたが、戦車搭載の砲としては 49口径57ミリ(初速830m/s)と48口径47ミリ(初速800m/s)の二種類を開発した。もちろん口径が大き く高初速だった57ミリ砲の方が性能が高かったが、対戦車砲との弾薬共有を考えて47ミリ砲を一式47ミリ 戦車砲として採用した。当車は大型化した新型砲塔にこの一式戦車砲を搭載している。
 車体構造自体は九七式中戦車とあまり変更は無いが、若干車体長が長くなったことと溶接を多用して重量を軽 減した替わりに装甲厚を強化するなどの改良が加えられている。しかしこの新型車体の生産が遅れたため陸軍で は暫定的に九七式中戦車の車体に新型砲塔を搭載した九七式中戦車改を製作、この改型生産のため更に量産着手 の遅れが出るなど悪循環を生み出してしまっている。
 量産に着手したのは昭和18年(1943年)のことであったが、すでに外地へ送って戦況を変えることは不 可能に近かったため本土決戦用として大半の車両が温存された。

スペックデータ(一式中戦車)
全長5.73m全高2.38m
全幅2.33m重量17.2トン
最高速度44km/h行動距離210km
発動機一〇〇式空冷V型12気筒ディーゼル 240馬力×1基
乗員数4名総生産数200両未満
武装一式47mm戦車砲×1、九七式7.7mm車載重機×2基
最大装甲厚(上面)8mm〜(前面)50mm
派生改良型 チヘ:生産型。長砲身47mm砲を搭載
ホイ:二式砲戦車。短砲身の九九式7.5cm戦車砲を搭載。ごく少数生産