九七式中戦車(チハ)

Type97 Medium Tank (TIHA)

日本陸軍 1937年

九七式中戦車
演習場で登坂能力を発揮する九七式中戦車

 各国陸軍の主力戦車が急激に発達してきたため、日本陸軍も主力であった 八九式中戦車の後継として 新型戦車の開発を開始した。大坂工廠が開発する『チニ』と三菱重工業開発の『チハ』の二種類が開発 された。貧乏国でインフラ整備も整っていない日本では低コストで、かつ軽量だった『チニ』の方が好 印象であったのだが、中国との戦端が開かれた事により強力な戦車が求められたため『チハ』が制式採 用の座を射止めた。
 九五式軽戦車の強化発展型とも言える車体 でサイズが拡大したことにより転輪は片側6輪となっている。ただしショックアブソーバーは装備され なかった。主砲には九七式57ミリ砲を搭載しており、砲塔後部と車体前部に7.7ミリ機銃を装備し た。後に無線装備を搭載したため砲塔周囲に張り出した環形アンテナが追加されている。
 しかし歩兵直協を任務の主眼とされていたため搭載砲は短砲身・低初速であり、対戦車戦闘にはあま り有効でなく連合軍戦車に歯が立たなかったため、 一式中戦車に搭載される予定だった長砲身の一式4 7ミリ戦車砲を搭載した改良型も昭和17年(1942年)から実戦投入されるようになった(この改 良型は九七式中戦車改と呼ばれている。改良型生産のため逆に一式中戦車の量産が進まなかったのは皮 肉なことと言える)。
 太平洋戦争では日本陸軍の主力戦車として大陸から南方まで幅広い戦域で使用されているが、装甲板 の質が悪く砲も力不足だったため、各地の戦場で多大な損害を被っている。

スペックデータ(九七式中戦車)
全長5.56m全高2.23m
全幅2.33m重量15.0トン
最高速度38km/h行動距離210km
発動機九七式空冷V型12気筒ディーゼル 170馬力×1基
乗員数4名総生産数不明
武装九七式57mm砲×1、九七式7.7mm車載重機×2
最大装甲厚(上面)8mm〜(前面)25mm
派生改良型 チハ:初期生産型。後に砲塔周囲に環形アンテナが装備された
シキ:指揮戦車型。車体前部機銃を37mm(または57mm)砲に変更したモデル
セリ:力作車。主砲を撤去し、作業用クレーンを装備した戦車回収車
チユ:地雷原処理車。車体前方にチェーンのついた回転ドラムを追加した改造型。ごく少数
新砲塔チハ:九七式中戦車改。一式47mm砲を装備した新型砲塔モデル
カソ:新砲塔チハを改造した指揮戦車型。観測戦車とも呼ばれる。主砲はダミーに換装された
ドーザー型:新砲塔チハに排土板を装備したブルドーザー型。ごく少数生産
ホニ:砲戦車(自走砲)。I〜III型まである。各車両とも別項を設けたのでそちらを参照のこと