九八式軽戦車(ケニ)

Type98 Light Tank (KENI)

日本陸軍 1938年

九八式軽戦車
整備中の九八式軽戦車

 九五式軽戦車の後継として開発された車両。 二種類の駆動装置と懸架装置を組み合わせた計画があったが最終的に片側6個の転輪にコイルスプリング &リンクアーム式の懸架装置が採用され、起動輪は以前の方式のままとなった。ただし、これまでの車両で は車体外部に露出していたサスペンション機構を被弾防止のため内部へ収納するなどの改良が加えられて いる。また九五式軽戦車に比べ装甲は厚くなったが、装甲板をリベット接合から溶接へ改めたため重量 は軽くなっており、強化されたエンジンと相まって非常に軽快な走行が可能となっている。
 昭和13年(1938年)に制式採用となり九八式軽戦車と名付けられたが、従前の九五式軽戦車が非 常に優秀であったため前線部隊からは新型車両の要望が出てこず(前線部隊は使えるかどうか判らない新 型兵器よりも多少旧式でも扱い慣れた現行兵器を好む場合が多い)、当車の量産は昭和17年(1942 年)まで開始されなかった。しかし量産が開始された時には日本の工業力は低下の一途をたどっており、 当車も少数が生産されたのみに終わり、完成した車両も貧弱な武装と装甲のため活躍の場は残っていなか った。

スペックデータ(九八式軽戦車)
全長4.11m全高1.82m
全幅2.12m重量7.20トン
最高速度50km/h行動距離300km
発動機空冷直列6気筒過給器付きディーゼル 130馬力×1基
乗員数3名総生産数約100両
武装一〇〇式37mm砲×1、九七式7.7mm車載重機×2
最大装甲厚(上面)6mm〜(前面)16mm
派生改良型 ケニ:生産型。ケニBとの区別のためケニAとも呼ばれる。エンジンは過給器付き
ケニB:転輪を大型のもの(クリスティー式、片側4個)に変更したモデル。試作のみ