三式砲戦車(ホニIII)

Type3 Gun Tank (HONI-3)

日本陸軍 1944年

三式砲戦車
米軍に鹵獲された三式砲戦車

 一式砲戦車(一式75mm自走砲)の発 展型として開発された車両で、日本砲戦車の集大成とも言える。自走砲と言うよりは対戦車自走砲に 近い車両で、搭載する砲は 三式中戦車にも採用された三式戦車砲である。
 一式砲戦車では上面や後方はオープントップ式となっていた防楯しか持たなかったが、当車では 全周を装甲化した砲塔(旋回はしない)が装備されているため砲手や車長の安全性が高められた。こ の砲塔は車体のサイズに比べかなり大きなものだったので若干車体よりはみ出している。 一式中戦車や三式中戦車の砲塔に装備 されていたような砲塔上部のキューポラは無く、砲塔周囲に設けられているスリットから展周を行っ た。車体こそ 九七式中戦車のものが使用されているが 車体前部に搭載されていた7.7ミリ機銃は廃止されている。
 量産化に着手したのは三式中戦車と同様昭和19年(1944年)になってからだったため生産数は少なく、 完成した車両も本土決戦用として温存され実戦に参加する機会は無かった。

スペックデータ(三式砲戦車)
全長5.52m全高2.37m
全幅2.33m重量17.0トン
最高速度38km/h行動距離300km
発動機九七式水冷V型12気筒ディーゼル 170馬力×1基
乗員数5名総生産数90両(諸説あり)
武装三式7.5cm戦車砲×1
最大装甲厚(上面)数mm〜(前面)50mm
派生改良型 ホニIII:三式砲戦車。対戦車自走砲的な砲戦車である