カルロ・ペサンテP26重戦車

Heavy Tank P26
Carro Pesante P26


イタリア陸軍 1940年

P26/40
P26/40重戦車

 1930年代末に重戦車を求めるムッソリーニの強い要求に従って開発された車両。75mm砲を搭載 する戦車と言うことでフィアット/アンサルド社が設計提案を行った。当初は歩兵直協のための短砲 身砲搭載が予定されていた。
 初めて建造する重量級戦車のため設計に手間取り、高出力エンジンも当初予定していたフィアット 社製ガソリンエンジンの開発に失敗したことから試作車の完成は遅れ、1941年末になってようや く試作1号車(短砲身砲搭載)が完成した。短砲身砲は対戦車戦闘に不向きであることがイタリア軍 やドイツ軍の戦訓で判っていたため試作2号車には32口径75mm砲が搭載され、量産型は更に長砲身の 34口径75mm砲搭載となっている。搭載されたエンジンはV12型ディーゼルだったが、このエンジン も不調なことが多かったようだ(ちなみにこのエンジンはソビエトの T−34中戦車に搭載されていたもの のコピー製品であった)。
 陸軍は500両の生産発注を行ったが、量産型の生産に着手したのは1943年に入ってからのこ とでイタリア降伏までに21両が完成したにすぎなかった。ドイツ占領後、工場には未完成の車両や 200両分の資材が残されていたため、ドイツ軍はこれらを接収して生産を継続、ドイツ降伏直前ま でに約100両が製造されている。
 ドイツ軍も当戦車搭載のディーゼルエンジンの不調には泣かされたようで、ドイツ製のマイバッハ エンジンに換装する計画もあったのだが充分な数のエンジンが行き渡らず、大半は従来のディーゼル エンジンのまま使用された。またエンジン無しのものも相当数が完成しており、これらは車台に搭載 されなかった砲塔とともに防衛線用固定トーチカとして使用されている。
 資料によっては当戦車をP40(1940年採用のため)と呼称しているものもあるが、当サイト ではP26(重量が26トン級だったため)の呼称を使用した。

スペックデータ(P26/40重戦車)
全長 5.82m全高 2.52m
全幅 2.80m重量26.0トン
最高速度35km/h行動距離270km
発動機フィアット/スパ 液冷V型12気筒ディーゼルエンジン 330馬力×1基
乗員数4名総生産数21両(+100両が独軍の手で完成)
武装75/34 75mm戦車砲×1、ブレダ38 8mm機銃×1〜2(同軸1、キューポラ1)
最大装甲厚(上面)15mm〜(前面)60mm
派生改良型 P26/40:イタリア軍唯一の制式重戦車。生産数は少ない
P43:P26の発展型として計画された重戦車。車体大型化、避弾径始強化。計画のみ
P43bis:P43の派生型。砲塔拡大(避弾径始強化はされていない)。計画のみ
PzKpfw P40 737(i):ドイツ軍に鹵獲された後のドイツ軍名称