ノイバウファーツォイク(新式車両)

Medium Tank "Neubaufahrzeug"

ドイツ陸軍 1934年

NbFz
クルップ製の並列連装型主砲塔を持つ後期型(実用試験車両)

 1933年にラインメタルボルジヒ社はドイツ兵器局に対して、自社が1920年代末に開発 したグローストラクトール(大型牽引車:Grosstraktor)の経験を元にしたドイツ陸軍用20ト ン級戦車を作りたいとの申し出を行った。提案された車両が当時ヨーロッパの流行であった多砲 塔戦車であったことと、ドイツ再軍備化に乗り出す直前だったこともあってこの申し出は快諾さ れラインメタルボルジヒ社はノイバウファーツォイク(略号はNbFz)と呼称される試作車製 造の受注を得ることができた。
 全体の設計はラインメタルボルジヒ社で行われ、砲と砲塔はクルップ社とラインメタルボルジ ヒ社が設計を行っており、1934年に完成した軟鋼製構造の車体を持つ試作車にはラインメタ ルボルジヒ社製の砲塔が、翌年完成した防弾鋼製構造の実用試験車両にはクルップ社製砲塔が搭 載されている。副砲塔は主砲塔の前後に設置され、それぞれ7.92mm機銃を装備していた。
 ラインメタルボルジヒ社製の砲塔は7.5cm砲と3.7cm砲を縦二連に装備していた。この車両は1 940年までプトロスの戦車訓練校で訓練任務に使用されている。クルップ社製砲塔は7.5cm砲と 3.7cm砲を並列で装備していた。この車両に装備された副砲塔は 号戦車に 搭載された砲塔の略同型であった。実用試験車両3両は1940年4月にノルウェーへ送られ実 戦に投入されたのだが、1両は戦闘で破壊され残った2両も機動力不足でドイツ軍が目指す機動 戦に不向きであるとして同年末には本国へ送還されスクラップとなった。
 陸上戦艦を目指した多砲塔戦車は、各国とも成功した例は無く一時の流行に終わっている。

スペックデータ(NbFz A型)
全長 6.60m全高 2.98m
全幅 2.19m重量23.41トン
最高速度30km/h行動距離120km
発動機BMW Va 水冷V型12気筒ガソリンエンジン 500馬力×1基
乗員数6名総生産数5両
武装7.5cm KwK戦車砲×1、3.7cm KwK戦車砲×1、MG13 7.92mm機銃×3
最大装甲厚(上面)13mm〜(前面)20mm
派生改良型 NbFz 試作型:最初の2両。軟鋼製の車体とラインメタルボルジヒ社製砲塔を持つ
NbFz 試験型:後期生産の3両。防弾鋼製の車体とクルップ社製砲塔を持つ