ルノー/AMX R40軽戦車

Light Tank Renault/AMX R40

フランス陸軍 1940年

R40
特徴的な小転輪を持つR40軽戦車(短砲身37mm砲搭載型)

 フランス軍が多数配備を行った歩兵支援用軽戦車 ルノーR35の後期生産型として製造された ものが当戦車の始まりであった。R40の名称は最初はR35軽戦車の搭載砲を長砲身37mm砲に変更した 後期生産型に付けられていたのだが、R35の走行性能向上のためAMX社が手を加えた車両にもR40 の名称が与えられた。このページで扱っているのはAMX社製走行装置を搭載した車両である。
 AMR軽戦車以降ルノー製戦車の特徴とな っていた水平ラバースプリングを介したシザース式サスペンションを装備していたR35だったが、この 走行装置は超壕性能が低かったため走行装置の改良を行うこととなった。そこでAMX社が開発した垂直 スプリングと小型転輪を組み合わせたサスペンションをR35の車体に装着した試作車が完成、不整地走 行性能が向上したためR40として採用されたのである。
 片側12個の転輪は垂直スプリング6本で支えられ、中心を軸にスイングするビーム(梁)3本に連結 されている。車体や砲塔こそR35と同じ物であるがスプリングを保護するための装甲スカートによって、 まったく異なった印象となっている。大半の車両はR35後期型同様の長砲身37mm砲を搭載していたが、 一部は初期型の短砲身砲を装備していた。
 しかし量産開始直後に開戦となったため生産数は少数に終わっている。開戦時には2個大隊に配備され ていたのみで、フランスを占領したドイツ軍も鹵獲兵器として使用していない。そのためドイツ占領下で も大半の車両が無傷で生き残り、大戦後半になってフランス解放・ポーランド陥落となった後フランス軍 指揮下の亡命ポーランド軍に当戦車が供与され、対ドイツ戦に投入されている。

スペックデータ(R40:長砲身型)
全長 4.19m全高 2.18m
全幅 1.88m重量12.5トン
最高速度20km/h行動距離不明
発動機ルノー 水冷直列4気筒ガソリンエンジン 100馬力×1基
乗員数2名総生産数不明
武装SA38 37mm戦車砲×1、M31 7.5mm機銃×1
最大装甲厚(最大厚部)45mm
派生改良型 R40:走行装置を改良したR35の発展型。車体や砲塔はR35/R40と同じものだった