ルノーR35軽戦車

Light Tank Renault R35

フランス陸軍 1935年

R35
ルノーR35軽戦車

 第一次大戦後に大量生産されたルノーFT軽戦車が 中核をなしていたフランス陸軍の機甲戦力だったが、FT戦車の旧式化は否めず1933年になって新型 歩兵支援軽戦車の配備計画をスタートさせた。
 この計画に従ってルノー社とオチキス社の2社により競争試作が行われ、ルノー社の案(ZM型)が採 用された。圧延鋼板による箱組シャーシに鋳造構造の装甲を載せたもので、一人用の小さな砲塔も鋳造構 造であった。車体の装甲部分は3つ(前部、上面、後部)に分割して製作されており、これをシャーシ上 で組み合わせてボルト止めしている。砲塔には短砲身37mm砲と同軸機銃が装備されていたが旋回は人力だ った。また新型ギアとブレーキの採用により(最高速度は低いものの)良好な操縦性が得られている。
 1935年に制式採用となった当戦車は大量生産され、第二次大戦勃発直前には24個戦車大隊に約1, 000両が配備されていた。またポーランドやトルコなどにも輸出されており全体で千数百両が生産され ている(ドイツ軍に占領されなければ、これ以上に生産数は増えたであろう)。
 ドイツ軍は占領時に当戦車を無傷で多数接収しており、これらはドイツ軍仕様(無線装置搭載等)の改 造を施された後、対パルチザン用として国内治安の任にあたった他、ごく少数がイタリアへ供与されてい る。また一部の車両は 号対戦車自走砲の 後継としてチェコ製4.7cm対戦車砲を搭載する 対戦車自走砲の車台と して転用されている。

スペックデータ(ルノーR35)
全長 4.02m全高 1.94m
全幅 1.87m重量10.0トン
最高速度20km/h行動距離140km
発動機ルノー 水冷直列4気筒ガソリンエンジン 80馬力×1基
乗員数2名総生産数千数百両
武装SA18 37mm戦車砲×1、M31 7.5mm機銃×1
最大装甲厚(上面)12mm〜(前面)45mm
派生改良型 Renault ZM:試作車の社内呼称
R35:制式名称。WW2開戦時のフランス主力戦車。輸出もされた
R40:後期型。長砲身37mm戦車砲を搭載したモデル。走行装置を改良したR40とは別物
派生型としてFCM製砲塔を搭載した試験車両が存在する